Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2007-03-16 志野と織部

    出光美術館

    連れに招待券もらったので、一緒にいく

    焼き物の展示

    茶碗では二つしかない国宝の内の一つだという
    志野茶碗、卯花墻

    連れがぴったりとはりついて離れない

    サーっと、全体を見て、
    ああ、なんだ茶碗の本質はエロスなんだな、と

    その手捻りのヨレと厚みの感じからは、
    韓国の家の屋根とか韓国的な粗さを思い浮かべる

    利休が茶器として使ったという朝鮮の便器を見てみたいと思った
    帰ってネットで探したけど見つからなかった

    植物の蕾みのエロス、
    排泄と食とつながる内臓的イメージのエロス、

    岐阜という土地柄、すぐに脈々と流れる縄文土器とつながる
    ああ、これは縄文土器だな、と

    これを国宝に選べたというのは、昔のひとは見る目あるな、と

    真横からみるとしっかり、茶碗としての軸があるが、

    斜からみると、そのままそれは
    抱衣であり蕾みであり、性であり生である、

    茶という、植物の精気と火の精気と水の精気を
    植物的、内臓的、生きた器に入れて呑む、と

    あまりに長く連れが、卯花墻から離れないので、
    結局昼からいって閉館までいた、

    それほどすごいもんじゃない、と、
    僕は縄文土器のほうがすごいじゃんと
    思っていたが、

    茶器という形式の中に宿った、
    生(エロス)のイメージは実は、すごく鮮烈に僕の中に焼きついたような気がする

    それはなにかの雛形のように、
    中西夏之的にいえば、茶器の水準器的なもののイメージさえも超えて








    志野と織部 ―風流なるうつわ―

    2007年2月20日-4月22日

    http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html
    スポンサーサイト

    コメント

    今度私も行く予定です。楽しみです。

    チケットありがとう
    良い経験ができました

    籠目 籠目 朝森

    夕焼けに矛を捧げる
    不死 黄泉 薄い氷 庭篭められと畜場の
    洗う
    休み洞に皇子が歌う平城を 死期を
    死へ 身籠れば 永遠に 平 沈み 平城を 保てる
    椅子に死を鐘状と流す 逢瀬の池に 返事を していく
    幸寝入り 空島を失す 皇は
    明日に 明日を 請う
    幾つの眼差しが
    襲うのダロウか
    私と紅に満ちた 空 よ 美しく 宇宙を避けよ
    察した憂いに鎌を裂こう
    後ろの正面だぁれだ

    さもう

    天変の空のプラットホーム
    星をにごした
    人口照準器、二上山ピラミッドへ向けて
    祈られた喉を転がって
    黄泉の転倒
    大地の星の球体ピラミッドに
    枯れついた桜の花びらが
    千年の遺跡にまだ眠っている
    墓石の下に彫られた
    日時計というストーンサークルは
    時の支配こそが我だと名乗る
    共同体の心臓
    竪穴式住居の中空に吊り上げられた
    燃え上がる心臓は
    縄文土器-毛むくじゃらの
    住処に生えた魂の個人所有の顔だ
    目玉をくりぬいてみせていく
    我らの体内は共同体という住居と
    等しく我らだった

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/86-03b5722e

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。