Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2006-11-19 サスティナブルアートプロジェクト「言の問え」

    平櫛田中邸

    名前忘れた、
    レンズを覗くと庭の自然のアップや建物の細部が見える作品、
    けっこうおもしろい

    池田嘉人、
    畳の部屋の畳みをモニターの形に切り抜いて、モニターを埋め込み、
    飛行機から撮ったと思われる雲の映像が流れつづける、
    畳の下に流れる雲の映像の浮遊感がなんかおもしろい
    これは好きだった

    保科豊巳、
    薄暗い和室の奥に
    滝の映像をモニターを縦に使い、それを反転させ流している
    まるで、ものすごい早さで、煙りが昇っていくようで、
    魂が昇っているようにも見える、
    反対の壁にはおそらく太陽の白黒反転した映像があり、
    カラスの鳴き声がする、

    カラスの鳴き声がうるさいのと、
    滝の映像の埋め込みの壁のベニヤの加工が雑なことを除けばおもしろかった

    あと他の場所のは印象に残っていない

    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/75-b7da706f

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。