Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2006-11-08 墓について

    墓ばかり見ている

    壱岐の古墳、
    慶州の古墳
    江華島のドルメン
    木人美術館の木人
    高句麗の古墳
    大湯環状列石


    思えば、昔枕木を垂直に立てた絵を描いていた
    それを墓のようだと描いた後に思っていた

    長野に建てた展示館も頭蓋骨を納める墓の家なのだろう

    墓でも、埋めてしまうのと、
    空間があるがある、

    墓に空間があるのは、蘇りや死後の世界のことを想って作られているのだろう

    沖縄の亀甲墓(女性器型)、壱岐の古墳(女性器型)、高句麗古墳
    大湯環状列石(男女混合、立石のストーンサークルと壷型の地下空間)

    埋めたて式は、どこか閉じ込める、
    蘇ってこないでくれというイメージがあるような気がする
    ドルメン、慶州の古墳、日本の墓(男性器型)

    韓国の墓は今でも古墳型で、燃やさず土葬だそうだ、
    日本の墓はストーンサークルから来ているのだろう

    フェルディナン・シュバルの理想宮も墓だ

    ‥‥‥‥‥‥、
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/65-7229b433

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。