Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2006-10-16 木声

    神社の高い樹がそよぐ
    梢が風に鳴って、
    まるで喋っているように、
    声をとどけることがある、
    そういう場所ってヨーロッパにあるのか、出会ったことないな、と思っていたら、そうかヨーロッパには高い樹が残っていないんだ、
    天上からの音、頭上にひびく、声、
    木声、地球の息で奏でられる声
    遥かに遠い年月を経た樹木の肢体から発せられる声に
    耳が奪われる

    (海外でもあの木声を聞ける場所はあるかしら)、
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/62-20993adc

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。