Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2006-06-14 軽井沢、塩田

    上田市塩田、信州の鎌倉といわれるだけあって、
    趣きある神社や寺がたくさんある、
    森の中ひっそりと佇む、石の祠や
    「信濃デッサン館」のある丘の上から眺めた
    なだらかな眺望はとても気持が良かった

    「無言館」「信濃デッサン館」窪島誠一郎

    「無言館」は丘の上の風に揺られる木々に囲まれた
    静かな佇まいをみせる場所だった、料金も後払いで、
    展示空間にすっと入っていける、
    建築自体もコンクリ打ちっぱなしでなかなかおもしろい建物だ
    しかし、そこに展示してある戦没画学生の絵は、
    そこに書かれているエピソードの呼び起こす感覚とは違う、
    戦争に行って死ぬかもしれないという、
    緊迫したものは全然伝わってこない
    退屈なものばかりだった、
    説明書きがいくらその状況を伝えていても
    絵が語るものしか、受けとることはできない

    「信濃デッサン館」が資金難で潰れそうだというのテレビで見て気になっていたので、
    行ってみた、そしたらなんで潰れそうなのか良くわかった
    外観はおもしろいんだけど、この人の建築はまったく展示空間に対するセンスがない
    ブロックを積んで壁面をつくっているんだけど、隙間のセメントは荒く
    肌色っぽいペンキ塗っただけで、
    とても見づらい、
    絵を見る環境としては最低だった
    関根正二や村山槐多の「尿する裸僧」靉光の魅力的な線のデッサン、
    松本俊介の絵(松本俊介は耳が聞こえなかったんですね、
    あの絵は無音の世界だったのか)とおもしろいんだけど
    残念

    となりに前山寺というお寺があって、
    その参道に樹齢700年くらいの欅だったかな、
    太い樹があって、それはうつくしかった
    三重塔もあって、小さいながら、美しい曲線の屋根、
    あの空間性のするどさはすごい
    三重塔や神社、寺というデザイン形式があたりまえになっているけど
    あれができて初めての、世界に一個しかなかったときの
    空間性のすごさは測りしれない、
    三重の塔みたいな、
    まったく別のものつくりたいな
    美術として

    安楽寺、国宝の八角三重塔、四重に見えるけど、下から二段目は飾りで、三重の塔

    別所温泉、
    大衆温泉が150円で入浴できる、うれしい




    軽井沢

    「聖パウロ教会」レーモンド、木でできた小さな教会

    「小さな家(軽井沢別荘)」吉村順三

    場所が、軽井沢銀座周辺ということしかわからず、
    レンタサイクルで、ふらついていたら、
    すぐにみつけた、表札は違うひとだけど、
    レーモンドの教会の道沿いだった気がする、
    でも別荘なので、人はいないので、
    雨戸がしまっていて、
    家が閉じている
    人がいるときにきて、ぜひ中もみせてもらいたい、
    芸大の建築科のゼミとかで、あるみたいだから、
    それに便乗して

    この軽井沢銀座周辺、吉村順三の家の辺りの感じは
    なかなかいい
    軽井沢なんて、金持ちの集う、趣味の悪いとこかと思っていたが、
    資金と空間に余裕があって、森のなかに家があるという感じは、
    気持がいい、
    そこらへんの別荘もなかなかおもしろい、
    やはり都市の建築がつまらないのが多いんだな、と
    田舎の建築はわりと、伝統的だし、空間に余裕があるからか、
    悪くない、
    インターネットがもっと普及して、
    人口密集しなくてもよくなれば、
    軽井沢のセンスのいい場所をモデルにして都市空間をつくればいい、
    東京の都市部でも、森の中に家があるという空間が
    成立すればいいのにと思う


    「石の教会・内村鑑三記念堂」ケンドリック・ケロッグ

    フランク・ロイド・ライトのまな弟子らしい
    石の輪切りがつらなっていくような外観の写真を一目見て惹かれて
    行ってみると、すばらしい
    内部も外部も細かな石で覆われて
    堂内のアーチのつくる曲線の空間がうつくしい
    光が溢れ、水が流れ、草も生えている小さな教会、
    細やかな、細部の造形もおもしろい
    十字架がないので、係の人に尋ねると
    正面の窓の外に見える木に十字架がついているのが
    木が育って葉群に覆い隠されて見えなくなっているらしい
    それもなんかいい
    これこそ教会だという感じ

    280px-Ishinokyoukai01.jpg

    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/51-a244c95b

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。