Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2006-05-24 「鳥獣草花図屏風」と「樹花鳥獣図屏風」

    茂木さんの講義で指摘されたとおり、
    伊藤若冲の「鳥獣草花図屏風」と「樹花鳥獣図屏風」は違うものなんですね、
    「鳥獣草花図屏風」がハピネス展に来た、アメリカのコレクションので、
    今度、国立博物館にも来るやつで
    http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00&processId=01

    「樹花鳥獣図屏風」が静岡県立美術館所蔵ので、
    ハピネス展のとき見たときは、大して印象に残らなかったのは、
    別のものだったからで、
    静岡県立美術館の「樹花鳥獣図屏風」白い象の絵が凄い、
    おもしろいとかそういう次元じゃない、飛び抜けてる、あちらがわにいっている

    image2.jpg


    だから今、三の丸尚蔵館でやってる展示の若冲の「動植綵絵」の少なくとも、
    僕がみた5枚ぐらいは大した作品じゃない、全部見たら印象が変わるかもしれないけれど、

    飛び抜けてる、僕を惹き付けて放さない場をもった作品をあげると、

    雪舟の「秋冬山水図」の冬のほう、

    131010000168001_300.jpg

    (国立博物館所蔵、一年に一ヶ月くらいしか出さない)







    長谷川等伯「松林図屏風」

    203.jpg

    (国立博物館所蔵、一年に一ヶ月くらいしか出さない)








    セザンヌ「サントヴィクトワール山とシャトー・ノワール」

    09.jpg

    (ブリヂストン美術館所蔵)









    フェルディナン・シュヴァル「理想宮」

    s8.jpg

    (フランス、オートリーブ)

    ヒッチハイクして見に行ったけど、
    今写真がないのでリンク先から勝手に転載










    ゴッホ「オーヴェールの教会」

    auvre7-tm.jpg

    (オルセ-美術館、パリ)










    「カラスの飛ぶ麦畑」

    crows.jpg

    (ゴッホ美術館、アムステルダム)








    スポンサーサイト

    コメント

    白象

    この白い象の絵がもっと大きく見たいな。なんかすごそう。

    静岡県立美術館のコレクション展で見れますよ、
    本物は写真には写らないから、
    実物を見るのを奨めます

    コレクション20年の熱情
    時代を超える個性
    ─若冲、クレーから戦後アメリカ美術まで─
    7月26日(水)~9月3日(日)
    一般・大学生600円(400円)
    小・中・高生300円(200円)

    http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/exhibition/H18_schedule_j.html

    おそらく、形式が見えるものと、
    形式を超えるものということ

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/36-07632f72

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。