Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-10-13 アートフォレスト~ほほえみの森~

    昨日より、はじまりました。
    まわる襖に絵を描いてます。
    どうぞ遊びに来てください。
    晴れた風の日は温室の屋根に映る木漏れ日が美しいです。

    アートフォレスト~ほほえみの森~

    会期:2013 年10 月12 日(土) ― 10 月27 日(日)

    会場:
    ギャラリー白線、阿佐谷温室美術館、Café&gallery イネル、手しごとや元我堂、細田工務店、フィーカフィーカ

    主催:ほほえみの森実行委員会
    助成:杉並区文化芸術活動助成事業

    共催:ギャラリー白線、手しごとや元我堂、Café&gallery イネル
    協力:杉並区、TFF、n9.5、阿佐谷プロダクツ委員会、熊造園、原始感覚美術祭

    参加作家:
    淺井裕介、いたるセンター&あけぼの作業所、大江萌、黒田将行、小林千幌、杉原信幸、 中島 崇ほか

     「ほほえみの森」は2010 年からArtspace 元我堂を中心に行われる障がいを持つ表現者とアーティストを境なく紹介する展覧会の第4 回目です。障がいを持つがゆえに、純粋な感性を持つアーティストの作品は、都市から生まれた森のように豊かな表現力を持っています。その思わず笑みが零れるような都市に生まれる自然のことを「ほほえみの森」と名付けました。今回、阿佐ヶ谷に縁のある作家のうち、森をテーマとした作品を設置することで、緑豊かなけやき並木をトレードマークとする阿佐ヶ谷を、都市に生まれた森の地として、その小さな谷間に流れる水の流れのように、文化豊かな人の集うアートの森を作り出します。






    artforest_201310131202491f1.jpg



    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/328-8a9c48b7

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。