Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-03-03 信濃の国 原始感覚美術祭2013 公募

    今年で4年目を迎える原始感覚美術祭は、

    縄文の国、信濃の大地との結びつきを深め、名称を
    「信濃の国 原始感覚美術祭2013」と改め、開催されます。

    テーマは「水のまれびと」

    アルプスの雪解け水を豊かに湛える木崎湖畔の水の地へと、
    古代ヒスイの路、塩の道を辿って訪れるまれびととしてのアーティストが、
    この夏、新たな祭の渦を巻き起こします。

    そして、今年は初の試みとして参加作家の公募を行います。

    これこそが原始感覚だ。
    というような、自我や個を超えて
    太古に遡るような血の記憶、地の記憶を
    今ここにある、生きた感性として甦らせるような表現者の誕生を
    待っています。

    そして、木崎湖畔という豊かな水の湛え地に住まう人の中に息づく
    受け継がれる原始の感覚の気配と共に暮らす体験の中から、
    共に開かれる新たな文化を生み出すこと。

    都市集約型の文化ではなく、地方と呼ばれる大地の持っている
    地の声を、縄文人が豊かな生命の躍動として謳いあげた表現の力として、
    大地こそが声を発している。

    地方と呼ばれる地の持つ力、
    地の方へと、接近することで、
    原初から受け継がれる本物の
    根をもつ文化をつくることから始めましょう。

    アートディレクター 杉原信幸

    公募ページ→http://primitive-sense-art.nishimarukan.com/opencall2013

    公募2013






    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/317-4df30c23

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。