Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2006-05-08 大福

    今日、苺大福買ったら、
    売り切れで、
    おじいさんが、作るよって言って、
    普通の大福切って、苺入れて、売ってくれた
    裏側に切れ目が入っている苺大福は
    ふつうにうまかったけれど、
    なにかね
    しかも豆大福だった
    スポンサーサイト

    コメント

    一期大福

    イチゴ大福ってもともとそういうものなの?
    大福+イチゴで定式化できるもの?
    マメイチゴ大福は聞いたことがない気がする。

    いちご大福は、ある象徴です、
    だから、傷口のあるいちご入り大福は
    いちご大福ではないでしょう
    味はよくとも、別物、
    食事は栄養であると同時に
    こころの栄養です、科学的に言っても

    そういえば、熊野で手作りヨモギ餅食べてから、
    餅に心惹かれる、餅はやっぱり山の神への捧げものだから、とてもうまい、でもなかなか供物のような餅はない、
    スーパーのは機械の味で、和菓子屋は上品過ぎる、
    そういえば、氷見のお麩屋さんで、麩まんじゅう二人で一つください、って言ったら二つ形が悪くて商品にならないからってタダでくれたけど、あの麩まんじゅうすごくうまかったな、凍ってて、溶かして食べる

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/31-65c4cb87

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。