Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2012-09-21 会津・漆の芸術祭2012 ~地の記憶 未来へ~

    今年で3回目の参加となる会津・漆の芸術祭。
    1年間の集大成となる個展形式の展示です。

    保養キャンプに訪れた福島の子どもたちが
    原始感覚美術祭、葦舟ワークショップに
    参加して作った葦舟に、

    べんがら漆を塗った胞衣の舟と漆の糸玉、
    石に漆で描いた磐絵を展示します。

    会津、喜多方、
    福島の再生への一つの微かな祈りになればと思います。

    会場は喜多方の二十間蔵(喜多方市字南町4063-2)
    巨大な元酒蔵での展示です。

    10月26日(金)には、糸玉を奉納するマツリを行います。

    DSC_0258s.jpg


    urushi2012.jpg


    会津・漆の芸術祭2012 ~地の記憶 未来へ~

    会津若松市・喜多方市の店舗内や空き店舗、空き蔵などに
    アート作品を展示公開。各会場の魅力をアートが引き出します。

    開催日程 2012年10月6日(土)~ 11月23日(金・祝)

    参加作家

    相田雄一郎 会津工業高校チーム 会津大学大津山研究室「うるらぼ」プロジェクト 
    会津短大プロジェクト 会津短大プロジェクト2010 会津塗伝統工芸士会+原忠信 
    会津漆器技術後継者訓練校 赤木春菜 
    秋田公立美術工芸短期大学復興支援プロジェクトチーム 
    秋田公立美術工芸短期大学熊谷研究室 
    吾子可苗 浅見晃司 荒井勝佑 飯塚佐喜子 五十嵐健太 石原晋 泉洋之 
    井波純+吾子可苗 岩田俊彦 岩渕浩之 梅野史代+会津学鳳中高美術部 
    ウルシオール ウルたまProject 逢坂卓郎 大澤周一 大竹信一 大塚隆 大森茂光 
    小川恵 小野良昌 樫村歩 加藤悦朗 
    金沢美術工芸大学喜多方三十八間蔵プロジェクトチーム 
    金沢美術工芸大学大和川酒蔵良志久庵プロジェクトチーム 
    金澤文利 (株)天元棋院 城戸みゆき 儀同哲夫 木村義雄 小松茂夫 齋藤姉妹 
    坂本理恵 佐藤香 佐藤達夫 塩谷良太 篠原誠司 上越教育大学伊藤研究室 
    杉原信幸 曽根英昭 髙澤俊郎 高橋理加 立岩朝子 田中信行 谷口吏 
    千葉菜穂子 筑波大学宮原研究室 土屋多加史 土屋多加史/荻野剛司 角田純一 
    角田弘司 照井克彦 照井克弘 照井邦彦 東北画は可能か?妖怪チーム 常田一彦 
    富山大学芸術文化学部うふふ研究室 沼田英恵 半沢政人 福島大学渡邊研究室 
    堀浩哉 三浦圭一 港千尋 宮原克人 宮本佳明 室井春雄 山内泰次 山口朋子 
    山中早苗 吉田重信 吉増剛造 渡邊希

    主催 福島県教育庁/福島県立博物館/会津・漆の芸術祭2012プロジェクト委員会

    会場 会津若松市(七日町通り、野口英世青春通り、大町通り、その他)
    喜多方市(中央通り、小田付通り、その他)

    ディレクター 福島県立博物館長 赤坂憲雄
    作品選考委員 北川フラム(越後妻有大地の芸術祭総合ディレクター)
    樋田豊次郎(秋田公立美術工芸短期大学学長)
    山下裕二(明治学院大学教授)
    赤坂憲雄(会津・漆の芸術祭ディレクター・福島県立博物館長)

    入場料 無料(ただし入館料など必要な一部施設は有料)

    http://www.aizu-artfest.gr.fks.ed.jp/

    パフォーマンス「縄文漆-糸玉奉納-」
    内 容:
    会津・漆の芸術祭2012参加作家・杉原信幸による、自身の作品展示会場でのパフォーマンス。
    会津の漆の原点ともいえる三島町の縄文時代の遺跡・荒屋敷遺跡から出土した漆塗糸玉に
    着想を得て作家が制作した現代の糸玉が、葦舟「胎衣の舟」に捧げられる。
    会 場:
    二十間蔵(喜多方市字南町4063-2)
    日 時:
    2012年10月26日(金)15:30~16:00
    参加費:無料
    出 演:杉原信幸(アーティスト)
    申 込:不要
    定 員:無


    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/308-2eeaad7e

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。