Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-11-14 胞衣の舟-記憶の揺り籠

    2011年10月16日
    会場 二十間蔵
    会津・漆の芸術祭2011 東北へのエール
    「胞衣の舟-記憶の揺り籠」において捧げられた

    踊り 杉原信幸
    声と舞踏 山形淑華

    DSC_0028_convert_20111107184030.jpg


    DSC01978_convert_20111107184411.jpg


    DSC_0072_convert_20111107184650.jpg


    DSC_0043_convert_20111107184851.jpg


    DSC_0057_convert_20111107185259.jpg


    DSC_0079_convert_20111107185548.jpg


    DSC_0085_convert_20111107185756.jpg


    DSC02008_convert_20111107185951.jpg


    DSC02018_convert_20111107190126.jpg
    撮影:会津・漆の芸術祭


    今月の23日まで「胞衣の舟」は展示されています。

    23日は僕も赤坂憲雄さん達のシンポジウムを聞きに行きます。
    ぜひ、皆さんも会津に来てください。

    そして、今、本当の危機に立つ福島でこそ、
    なにかが生まれる
    その再生の場に共に立ちたいと思います。


    2011年11月23日(水・祝)
    シンポジウム「会津・漆・アートⅡ~鎮魂と再生へ~」

    内 容:
    選考委員である3氏をパネリストに招き、会津・漆の芸術祭2011を振り返りながら、
    東日本大震災を受けて、アートや漆が何ができるのか、できたのか。
    そして会津という土地のこれからを語り合う。会津・漆の芸術祭2011クロージングイベント。

    会 場:
    福島県立博物館講堂(会津若松市城東町1-25)

    日 時:
    11月23日(水・祝)14:00~16:00

    参加費:
    無料

    パネリスト:
    北川フラム(越後妻有大地の芸術祭総合ディレクター) 
    樋田豊次郎(秋田公立美術工芸短期大学学長) 
    山下裕二(明治学院大学教授)

    コーディネーター:
    赤坂憲雄(会津・漆の芸術祭ディレクター/福島県立博物館長)

    会津・漆の芸術祭2011~東北へのエール~
    2011年10月1日(土)~ 11月23日(水・祝)会津若松・喜多方
    http://www.aizu-artfest.gr.fks.ed.jp/











    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/285-e942bcc0

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。