Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2006-03-26 ゲーム

    わたしは極たまに
    まったくゲームしかしない日々を送ります
    普段はまったくしないのですが、
    今回も4日間くらい
    飯くってゲーム、頭が痛くなって気持悪くなって眠るまでゲームします
    ロールプレイングゲームを大体します
    今回は「アバタールチューナー2」って奴でした
    「アバタールチューナー1」をやっていたのと
    FF12がでた影響でしょうか、ゲームはほとほとつまらないのでもういいやと、
    思っていたのですが、どうにもやりたいようでした、
    でもFF12は7000円くらいするので、
    買う気が起きませんので、それになりました
    ゲームの世界はどうにもそのキャパシティか、
    身体性が指先ということか、面白みにかけるのですが、
    小学生の頃からゲームで育ったせいか、
    そういう世界も欲しているようです、
    一日目はまあそれなりにはまって、徹夜でやりつづけます
    でも2日目からもういいや、疲れた飽きたという思いのまま、それでもやり続けます
    ゲームはくだらないと言われ続けて来たせいか、まったくの時間の無駄、
    無駄なことをしたいという気持が動くようでもあります
    でもゲームと言うやつも馬鹿にできたものではありません
    ドラクエ、FF、と王道ロールプレイングゲームとともに、もうひとつ
    真・女神転生というシリーズがありまして、
    「アバタールチューナー」ってのもその外伝ものなんですが、
    そこには神道、仏教、キリスト教、ヒンドゥ-教なんかの神話のキャラクターや思想が出て来ていて、知らず知らず、そういった嗜好を身につける素養になっているんだな、と
    それも正道ではなくエンターテイメントとして
    まあそのゲームのバーチャル世界の殻の中に逃げ込むことをして育ってきたことは、
    大きな意味があると、

    そこでまあインドとか、仏教が出て来て、
    旅して、身に纏った空気、木々と森の空気、
    坊さんってなんだろうという想いと、
    (坊主にだけはなりたくねぇとも想うけど)
    デジャブが、先祖の記憶なんじゃないかという話をした熊野のかたりべさんとの話し、
    どうにも先祖の記憶では片付けられないという、また一方の感覚、
    つらなり、
    山形さんが言ってた、今と過去だけでなく、未来さえもそこに表れているという感覚、
    大きな流れの先端たるという粒子的な思考に身をまかすこと、と
    個の痛切さ、
    行動者であることの美しさ、その状態とも言えない命のありよう
    まあそれがどうしたということで、
    話がしたいんでしょうな、

    まあジャンプとか週刊紙を残らず立ち読みして、暮している僕
    原始林の中をかけずりまわる僕

    そう、人は快適さを求めて森を征服して街を造り、
    道をアスファルトで覆った、
    快適さというのは、生命運動としての死の状態
    それが土に還っていく、
    森はまったく、うざったい混沌そのもので、
    なんとも愛おしい、
    その木霊、命の造形の木霊
    食もそうだし、
    ああ孔雀って、動物だって美の感覚もってるよな、
    快適さは、息がとまってる、
    土壁はいいなぁ、息が、
    森に住みてぇなあ、





    スポンサーサイト

    コメント

    しゃしん、みれてうれしい。オキナワのとか。
    ひゅん ひゅん
    ソウゼツなたびをつづけるきみたちは
    いいかぜふいてるきがします。
    ありがとう

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/24-10b99df8

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。