Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2010-08-24 文化体験プログラム展



    湖畔の原始感覚美術展終了後すぐ9月4日(土)より
    長野の豊科近代美術館で、4人の作家による
    ワークショップ+展覧会に参加します。

    原始感覚美術展は常設作品になるものもあるので、
    合わせてご覧ください。

    美術館の一室と廊下、アルプスの見えるバルコニーをつかった
    インスタレーションを行います。

    bunkabill.jpg



    秋の企画展「文化体験プログラム展」

    場所:豊科近代美術館
    会期:平成22年9月4日(土)~9月26日(日)
    休館:9月6日(月)・13日(月)・21日(火)
    時間:9時~17時(入館は16時半まで)

    入場料:大人 500円
         大学生・高校生 300円
         中学生・小学生 150円

    主催:安曇野市豊科近代美術館・(財)豊科文化財団
    後援:安曇野市教育委員会・信濃毎日新聞社・市民タイムス・大糸タイムス社


    --------------------------------------------------------------------------------

    地域にはそれぞれ、自然や文化など多様な魅力が存在しています。しかし、それらの魅力も、そこに暮らす人々にとっては“あたりまえ”になりがちです。見慣れた風景や生活の中にも、気付いていないこと、まだ知らないことがあるかもしれません。文化体験プログラムでは、そのような“あたりまえ”の中に埋もれてしまったものを「美」という視点から掘り起こすきっかけを提供したいと考えます。
    プログラムでは一般を対象として参加者を募集し、夏休み期間に4人の作家によるワークショップと、4人の講師によるセミナーを行います。作家・講師はそれぞれの立場や場所で「美」という文化を追及している人々です。作家・講師とともに考え、何かを作るというような体験の中から、地域の魅力や自己の持つ文化の特徴を発見、再考する場となれば幸いです。
    本展覧会では、講師となっていただいた4名の現代作家による展示と、ワークショップで制作した作品を展示します。


    --------------------------------------------------------------------------------

    出品作家

    松岡 徹 まつおかとおる〔立体〕
    佐藤 香菜 さとうかな〔平面〕
    千田 泰広 ちだやすひろ〔インスタレーション〕
    杉原 信幸 すぎはらのぶゆき〔インスタレーション〕


    豊科近代美術館http://www.h6.dion.ne.jp/~art-toyo/

    http://www.h6.dion.ne.jp/~art-toyo/

    http://www.h6.dion.ne.jp/~art-toyo/










    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/239-53df0735

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。