Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2010-06-08 雪雄子舞踏公演「復活」

    大野一雄さんが亡くなる
    世界のあるがままのかたちを
    人でありながら体現しつづけた
    たぐいまれなる存在

    その存在の光に照らされていた

    一雄さんのスタジオを訪れた時
    偶然ジョナス・メカスさんが
    ダンサーのヴィルジニ―さんと一雄さんの踊りを
    撮影に来ていたところに出会って

    一雄さんのただ静かに寝息を立てる姿の
    あまりの存在のうつくしさにうたれ

    ヴィルジニ―さんと踊る一雄さんの高ぶる踊りのたましいに
    触れ得たことは

    映像を通して出会う一雄さんの幽霊の、
    河童の、
    生命と生死をさすつらぬく身体の刻に
    実体の光を与えてくれたのでしょう
    ありがとう

    そして、土方巽と大野一雄の
    息吹を受け継いでいる津軽の舞踏家雪雄子さんの

    一雄さんに捧げることになった
    宇都宮の公演に足をはこび、

    蝉の幼虫が今まさに変態していく
    その生命の裸(ら)のうごき
    その密度の時間を舞踏する、

    縄文遺跡の配石の石組みが星をつらぬいているような確かさで
    宇宙とつながっている、その星座の運行のような、
    確かな位置で運行する身体のひらいた
    時の密度にうたれていた

    そして
    雪さんが話してくれた土方さんの照明を
    受け継いでいる曽我傑さんの
    照明の鼓動の妙
    これも星月のかしづく
    風月のながれ、
    星の運行の明かりのようだった

    そして公演終了後、
    ものすごい数の照明機器とコード類の一切を
    自分一人でコントロールして片づけていく
    曽我さんの物腰の柔らかな日輪のほほ笑みのような人柄の
    芯にある職人の姿を見れたのは
    非常にうれしい体験だった

    その後、悠日での打ち上げ後、
    香川大介さんの日光の家に泊めてもらえることになり、
    そのまま中華料理屋の打ち上げ、バーでの打ち上げにも
    参加させてもらい、雪さん、山田スイッチさん、田口ランディさんという
    現代における縄文巫女三女傑の話を聞いてたのしい時間を過ごすことができた

    大介さんの家に泊めてもらい
    朝、大谷石の採掘場跡に
    雪さん達とご一緒して
    帰りの車の中で、スイッチさんが見つけた
    日輪の虹の祝福

    とてもすばらしい人の
    流れと動きに出会うことができたことに
    深い感謝




    香川大介個展オープニング
    「復活」
    朗読 田口ランディ
    舞踏 雪雄子
    絵  香川大介

    6月6日(日)16時~
    宇都宮悠日ギャラリー

    栃木県宇都宮市『ギャラリー悠日』
    香川大介個展 [06/04(金)~06/27(日)]

    http://www.yujitsu.com/jp/







    スポンサーサイト

    コメント

    わあ

    杉原さんは、天才だなーってさっき
    歌、、という作品を見て思ったばかりだったのに
    文章までこんなすごいの書くなんて。
    ずるい!
    いや、すばらしい。

    スイッチさんのようなおもしろい方に
    そんなふうに言ってもらえるとうれしいですが、
    おもいつくまま、
    つらつらと書いているだけで
    この世界はあたりまえが最もすごい
    というのが、縄文の精神でもあると思います。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/231-43724cbc

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。