Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2010-03-04 『丸石座』吉増剛造×山形淑華×杉原信幸


    (撮影 蓮沼昌宏)
    youtube



    『丸石座』

    潮にゆられた丸石には、タマが宿っている
    丸石の敷きつめられた座(くら)に
    縄文石のストーンサークルの
    大地の草葉の境界のあざやかさ
    そのヴィジョンが浮かびあがる
    地の反転、緑柱のそそり立つ座に
    太古の祭がよみがえる

    吉増剛造(音楽)
    山形淑華(声、映像)
    杉原信幸(踊り、映像、インスタレーション)

    恵比寿 SITE gallery
    2008年










    スポンサーサイト

    コメント

    丸石座に

    狂気と正気のはざま、理性(観念)と本能のはざまにあらわれる野性的な胎動。

    あなたは何者何ですか!!

    空間と踊り、映像を観て驚きました。吉増剛造氏の音楽ということにも二重の驚きでした。

    ナカノさん

    ひかれた処へ
    わたしたちは
    ととと、


    だれしもが
    あたりまえに
    其処にいた場所へ
    還っていく

    そんな在り方
    です
    よね

    ととと、と。

    自然な導きなのですね。
    「還ってゆく」ことと、もう既に自覚されているのですね。
    実際のあなたが作った空間は美しいのでしょう。

    ありがとうございました。

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/214-299daef7

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。