Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2010-03-02 Videocamera man 「うたがきやま ほほえみのもり」


    (撮影 杉原信幸×広瀬和洋)
    youtube


    (撮影 茂木健一郎)
    youtube

    杉原信幸と広瀬和洋によって
    「いつも静かに笑っている~アートコラボラボ」~障害者とアートの出会い~のなかで
    笠間陶芸美術館で行われたパフォーマンス。

    「Video cameraman」は脳科学者の茂木健一郎さんによって名づけられたパフォーマンスです。

    茂木さんはアートトークのなかで、障害者と呼ばれている人たちは
    私たちと同じ一人一人が違うユニークな人だと言っていました。

    handicapped person ではなくunique personであることは
    授産学園で過ごした時間のなかでとても実感したことです。

    生命として障害を負っているのは

    この資本主義経済のストレス社会に閉じ込められている人たちと
    どちらがいったい障害者なのでしょうか、

    それは僕にとっては明らかです。
    生命としての輝き
    その笑顔をみれば明らかです。













    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/213-3ef7d7ef

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。