Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2010-02-07 初茶碗

    手造りの器の生活に憧れて

    母の陶芸に
    便乗して作らしてもらった

    初茶碗と湯呑が焼きあがった
    手捏ねで
    茶の粘土に
    月白の釉をかけたお茶碗と
    織部の釉の湯呑

    織部の湯呑は少し釉薬が濃すぎて
    重くなってしまったが、色はうつくしい

    月白の茶碗は
    少し織部の釉がついたり
    釉もむらができたが、

    ちょうど、もらってきた赤飯の赤みや
    今食べていた玄米の黄色を盛ってみると

    月白の紫がかった青白い色に映えて
    とてもおいしい

    もちろん食べ終わったら、
    すぐに洗って大切につかう
    リズムがおしだされる

    この手造りのでこぼこに触れていると
    そこにはリズムやエネルギーが生まれてくる気がする

    工業製品の無表情さは命を止める働きがあるような気がする

    手の跡
    そのでこぼこの
    薄らとした窪みや丘には
    生命が隠れ住んでいるような気がする

    これは命を頂くということを
    手が伝えていくこととも繋がり、

    手はとても多くのことを伝えてくれるから
    例えば、ドアに触れるときでも
    それが工業製品の取っ手と
    手作りの取っ手だったら、

    その温もりある形からは
    瞬間的に山を滑り降りるように
    いのちを貰っているのかもしれない
    そうやってすべてのものに生命の、
    自然のリズムが宿って、

    常に視覚や触覚にいのちを呼び起こし続けるのと、
    それがピタッと止まってしまうようなものに
    囲まれるのでは生きるちからが大きく変わってくるのではないか、
    そのように常に五感で大自然のリズムを感じつづけること


    手作りのでこぼこに釉薬が作る
    色の美しさに
    絵を描いているものにとっては
    目を奪われるものがある

    そして一回焼いてみて、どんな感じかわかったので
    次からはもっと自由にかたちが造れる

    楽しみだ
    取り皿や醤油皿、コップなども
    造ってみたい







    スポンサーサイト

    コメント

    お久しぶりです。
    私も以前から陶芸をやってみたいと思っていて、(まだ一度もやった事はないのだけど)、
    香炉や茶碗展など見ると胸がなんだかそわそわします。

    >この手造りのでこぼこに触れていると
    >そこにはリズムやエネルギーが生まれてくる気がする

    ものすごくしっくりきました。
    心の代弁ありがとう!

    一生の仕事を定めたいと思っている今、
    杉原さんのこのブログを読んで、
    何かインスピレーションや踏み込む勇気を貰えた気がします。

    夢与さん
    おひさしぶりです

    食べるという、生きることの根幹と
    手が握るという、これまた感覚の根幹の部分を
    つなぐ、器というものは
    とても大切なところと思います。

    普段づかいの茶碗などは機会があったら
    ぜひ自分でつくってみてください
    たのしいですよ

    一つ一つ
    言葉や仕事にもでこぼこのような
    窪みやふくらみがあって、
    いのちがあそんでいくんでしょう
    そういうものがここから
    うまれたとしたら
    うれしいです

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/202-8088fd31

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。