Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2009-12-12 遺跡発掘

    kizaki_ruin.jpg
    長野のアトリエの隣から出土した縄文遺跡の発掘調査が
    大町市の文化財センター指導のもと始まった。

    畑だった部分を冬の間に三区画掘ってみようということで、
    文化財センターの人が計測し、杭をうった場所を掘り始める

    畑だったところなので、土が掘りかえされているが、
    土器やら石器やらでてくる
    その表土部分を掘ったところで一日目は終わり、

    もともと畑を掘ってみたら大きな石が二つ出てきた部分を中心に掘る
    二日目は近くの小学生とお母さんも参加して掘る
    大きな配石のある古代の地面の層から土器や石器がでてくる。
    暗くなり、湖からの風が吹きぬける台地なので寒くて終了

    次の日、西丸館の安曇野アートライン展の展示を終えてから
    発掘を開始、見事な台石を中心に、表土を薄く剥ぐように掘っていく
    地中から出でくる木崎岩の組石の不思議なならびに驚かされながら
    黒曜石の石器を見つける喜び、組石と組石の合間から出土する
    見事な形の石器に、縄文人にとって<あいだ>というのが
    とても大切だったのだと知る
    木の又、巨石の合間、木の虚などを神聖地としてきた
    日本の伝統的な感性とつながる、陰の意識

    斜めに配石された石とそれを受けるように大石と小さな石がまるで
    襞のように組まれた石組みに驚嘆して
    これはいったい何をするための石組なのだろうと惚れ惚れする

    これはぜひとも保存したかったが、仕事で東京に戻っている間に
    文化財センターの人が引っこ抜いて持って行ってしまったので
    もう二度とこの美しい形は戻らない

    石組の下は掘らず周りを掘り進めるので
    石の塔のようなものが幾つもできあがり、

    違う層からも石組みが現れるので
    不思議な地の塔が林立する景色が生まれる

    b0098990_20165056.jpg

    徐々に出土品が少なくなる黒い土の層になって
    ちょうど10日間くらいの発掘調査も終わり
    出土品の位置測定を終える


    区域外にも石組が続いているので
    来春にも発掘調査をする予定なので
    完全には埋め戻さずに、石の塔が倒れないように埋めて
    終了

    翡翠かと思った緑の石もあったが
    実は滑石だった

    あと連れが紡錘型の真ん中に穴の開いた錘のようなものを発掘したが
    これがもっとも異形のもので、以前土器が流れ着く湖で拾った
    素焼きの錘と同じかと思ったが、
    洗って見ると見事に
    ものの中に骨があるようなでっぱり感、生命の型に
    これは明らかに縄文のものだと思わせるものだった
    しかもやたらと重く
    もしかしたら石かもと思ったが、
    見事に穴が開けられていたので、
    そうだとしたら見事な技術だなと思っていたら

    文化財センターの人は
    石でできているが
    時代が違うものではないかと言って、
    専門家に見てもらうと言っていたが、

    あきらかに縄文の地層からでた
    縄文のいのちが宿ったカタですよ

    ということで
    近隣の方にも参加してもらった今回の発掘調査は非常に面白い
    素人がここまでほんものの縄文に触れられる機会はないと思うので、
    来春の発掘調査に興味がある方は連絡ください。



    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/180-b03fbb5f

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。