Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2009-09-21 「猿田彦土中神社 鈴木寅二啓之 天地の軌跡」

    伊勢の猿田彦神社で猿田彦土中神社を制作した
    鈴木寅二啓之さんのドキュメンタリー映画が
    ポレポレ東中野でやっているので見に行く

    和紙に極太の筆と墨で描き
    地中に100日ほど埋めて掘り出す
    土中絵画を制作する作家であり、
    その微生物と土によって彩られた
    土中絵画の掘り出されたばかりの生きた色の美しさは
    絵画の一つの極点とも言える

    その土中絵画を天井に配した猿田彦土中神社(土柱神社のようでもある)、と
    その奉納舞を映したドキュメンタリー

    その一撃のごとく打たれる
    絵画の息の呼吸

    その衝撃ではじまるこのドキュメンタリー映画は
    シンプルだけど非常に印象に残る
    作家の制作の芯に触れるすばらしい映画だと思う

    ポレポレ東中野で9月25日まで上映中
    モーニング11時より

    http://www.mmjp.or.jp/pole2/
    スポンサーサイト

    コメント

    先日はお会いできてよかったです。

    写真を土に埋める写真家もいたよ。独特の効果が出る。

    よい場所で出会えましたね

    和紙は土に食われるから
    ぼろぼろに消滅してしまうこともあるけど
    そのバクテリアと土が彩る
    命の宿った光のような存在は
    鮮烈だったですね

    長野のほうにも遊びに来てください



    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/172-87c4a900

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。