Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2009-06-17 中条村、歴史民俗資料館

    中条村、宮遺跡

    復元された竪穴式住居二棟、天井が高い


    中条村歴史民俗資料館

    役場に併設される
    化石群、触ることもできる

    縄文人の頭骨、翡翠の原石、石器
    土器など

    民具のコーナーで

    タイとスルメと昆布を載せる三式に眼を奪われる
    縄文土器の紐のうねりの空間と直結する

    三式は結婚式の結納でつくられるものらしい

    縄文土器が結納でつくられた可能性と
    タイとスルメと昆布を載せる三式の紐は
    すなわち波だとすると

    縄文土器も波、水の渦を宿した
    生け簀のような
    うつわであった

    縄文土器→三式→水引
    の水が水平化していく流れをみる

    生活空間の平面化によるのだろう

    DSCF1928a.jpg

    DSCF1933a.jpg

    紫の燕の糞

    DSCF1935a.jpg

    田植えの
    泥と光と水面の
    あしうらの深さ

    眼だけではないものの
    在り方
    足の裏の深さ






    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/163-bed2944b

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。