Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2006-01-26 「ライフ・オブ・ウォ-ホル」ジョナス・メカス

    映像と映画の違い、
    純粋な映像の写真のような現実との向き合い方には、
    おもしろいことが起こることに対する予知能力が必要なのかしら、
    音と映像の幅、
    ドキュメンタリーとも違う、映像image
    でもこれも映画filmに含まれるんだろうけど、

    ストーリーから切り離された純粋な映像としての美しさ、
    そこにもストーリーは存在するけど、
    それは現実そのものから切りとられた断片である、
    ある種の絵画のように、

    このひとの画面はズームやカットが多くて、
    すごく揺れるのに、
    なんで不快な感じがしないのか、
    アナログのカメラのせいなのか、
    コマとコマとの間にすごく柔らかな感じがする、
    映写機のフィルムの丸みのような柔らかさとなめらかさ、

    でもジョンレノンとオノヨーコとウォ-ホルとメカスとが
    いっしょの部屋にいるってすごいよな

    「孔雀」のクリストファー・ドイルも
    たぶんメカスさんに影響受けている、
    露出いじるのとかフィルムスピードいじるのとか、

    メカスさんには二度お会いしたことがある、
    メカスさんの写真の個展のときに、
    飲屋で、吉増剛造さんに紹介してもらった時と、

    偶然大野一雄さんの家に遊びに行った時、
    一雄さんとメカスさんの奥さんなのか?パフォーマーの女性が
    一緒に踊っているのをメカスさんが撮影している時、

    メカスさんはこの世の人とは思えない、
    すごいかっこいい人だったな
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/16-2070f1fb

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。