Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2008-12-30 伊東、宇佐美、「セザンヌ主義」

    伊豆
    宇佐美駅

    比波預(ヒハヨ)天神ホルトの木股の
    陰(ホト)石

    丸石アリ

    巨樹の円蓋
    梢の囀り
    木漏れの踊りの風

    宇佐美城趾の平かな円庭
    蜜柑の樹
    廃稲荷の
    結ぶ路

    海際を
    伊東へ歩く

    干物の試食の食べ放題
    炭火で自分で焼いて食べられる

    伊東温泉に着くが
    温泉浴場は2時からしか開かないので、
    伊東を散策

    小津安二郎の映画に出てくるような
    大きな温泉旅館
    東海館の情緒溢れる佇まい
    外観だけ眺め
    川沿いの道を歩く

    音無神社の
    タブ(玉)の巨樹

    湯川弁天の湯(200円)に入る
    日頃の疲れがとれる
    温泉は最高だ

    伊東からの帰り
    横浜美術館のセザンヌ主義展に行く

    久しぶりに見たセザンヌの絵画群に心動かされる
    温泉に入ってリラックスして出会ったセザンヌには
    大切な何かを受けとった気がする

    展覧会自体もセザンヌとゆかりの作家の作品を集め
    岸田劉生の自画像、静謐な夕刻を宿した静物画など
    魅力的な絵画で空間が作られている
    そのことも出会いの一因かもしれない

    絵画の額ということにも考えさせられたし、
    とてもよい展覧会と思います
    おすすめです

    帰って、伊東のスパーで買った朝どりのごまサバ一匹100円を捌き
    味噌煮、塩焼きとシメサバを作って食べる
    海の味に舌鼓を打つ





    スポンサーサイト

    コメント

    ランドマークタワーを通りかかったら「セザンヌ主義」の関連イベントをやっていて、子供がセザンヌパズルに挑戦したり、セザンヌジオラマがあったり・・・そしてイベントのタイトルが”セザンヌザンス”とかなんとか。鼻白んだ。
    でも、ゆけば良かった。一番好きな絵描きだし。

    僕もセザンヌは好きということなら一番の画家ですね
    どう美術に興味のないと思ってる人を美術館に足を運ばせるかと
    その本質的なものとの出会いにはズレが生じる
    その境がどう開き、路をつくるか
    セザンヌへの路が開く時が
    またきっと訪れますよ
    僕は今回
    招待券もらったから行けた

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/149-145f1677

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。