Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2008-06-15 初田植え

    西伊豆に初田植えに行く
    棚田のうつくしい静かな浜辺の村

    小さな棚田だが、素足で泥のなかに入るときもちいい
    細い竹ざおに印がついていて、それに合わせて
    苗を植えていく
    だいぶ、石がごろごろとしていて
    荒々しい田圃だ

    歩いて海辺にある無料の露天温泉にいく
    露天の温泉は、巨石の上に地蔵と湯の滝
    樹木とひらけた空が、もう最高
    これこそ、温泉だ
    田植えの後だからより一層、芯に沁みてきもちいい
    展示の疲れが一気にとれる

    内風呂の温泉もあったけど、
    室内の温泉では、もう物足りない

    あまりに美味しい鯛料理に舌鼓をうち
    大漁祭りという、漁船が地味な大漁旗をたなびかせ、入り江をぐるぐる回って
    釣り竿にぶら下がった鰹を何度も何度も上げては、戻すという
    シュールで地味な祭り行なわれる
    鰹の刺身と魚介類のバーベキューが
    タダで振る舞われる
    このローカル感がすばらしい

    二つの村の神社には、うつくしい石柱が立っていたり、横たわっていたり
    朝の神社には、お参りに来た人が途切れない、浜辺の漁村の朝の時

    やってきたおじいさんに石のことを尋ねると、
    力石だという、昔は若いもんが担いで力試しをしたという
    相撲も行なわれていた
    ストーンサークルと力石、
    ストーンサークルの遺跡には高倉が付属していることが多い
    これと、相撲がむすびつくイメージを見る
    力石は重くてびくともしない


    つづいて、長野に帰って、
    山菜採り、
    友人も遊びに来て
    ワラビ、ゼンマイ、ウワバミ草、フキ、イタドリ、ノビルなど
    そこらへんに生えてるものが、ほとんど食べられる
    もう、野菜は買わなくていいのではないか、

    米農家の友人の田植えを見にいくと、
    田植えの機械が、故障して、うまく植わらず、無惨に苗が散乱している
    これは、手伝わねばと、友人達と、素足で小雨の中、再び田植え、
    木崎湖の湖畔の田んぼなのだが、この前の伊豆の田とは、まったく泥の感触が違う、
    ものすごくなめらかで、やわらかい
    胎児の記憶の底をくすぐるような、足の裏の幸福感を味わう
    田植えは大変だと聞いていたが、昔の人は一族郎党集まって、
    この春の幸せの感触を楽しみにしてきていたのではないか、
    この感触を味わえるだけで充分価値のある年中行事の祭り、生命の節たりうる気がする
    日光に温められた田んぼの泥は、あたたかく
    熱帯の植物たる稲の、
    祖先の記憶の底と直接つながるような体験なのかもしれない

    ただ、後日、湖から離れた、開墾されて、まだ年月の浅い田んぼでも、
    田植えを手伝ったのだが、そちらのほうは、泥が粒っぽくて、その感動はなかった
    だから、田の土の良さによってまったく、田植えの体験の質が変わってしまうのだろう

    だから、みなさん、田植えをするなら、土の良い田んぼでしてみてください
    日本人なら、毎日米を食べているなら、一度くらい田植えをしてみましょう
    それが、どれだけ大地と生命の喜びから生まれてきているかを知ることは大切なことだと思います

    木崎の米農家の友人も今は機械を使わないと、やりきれないと言っているけど、
    手植えで植えたほうが、自然に植わるから、よいお米ができるらしいので
    いずれは、手植えで、という希望も持っているようなので、
    来年、田植えを体験したいという人は連絡ください
    うちの家のアトリエの上に宿泊できるので、西丸震哉記念館に遊びに来がてら

    すばらしい、土の田んぼなので、きっとおいしいお米ができると思います


    木崎湖畔の生活
    http://www.doblog.com/weblog/myblog/78163/448#448


    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/130-e37b1935

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。