Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2008-01-23 加曽利貝塚、竹岡、黄金井戸

    18切符が一枚余ったので、ふらっと
    加曽利貝塚へ
    都賀駅からモノレールで桜木駅
    徒歩10分くらいで貝塚公園

    IMGA1381.jpg

    貝塚の中心に道が掘られ、断層を見ることができる
    古代の生活の時層の堆積
    秘やかで確かな存在の重なり、
    そのモノが語る土中の絵画のような存在感に圧倒される

    IMGA1382up.jpg

    なにものにしろ、そのあざやかな断面、切れ目にこそ
    何かが宿っている


    IMGA1383up.jpg

    壊れた竪穴式住居

    IMGA1384up.jpg

    新しく作られる住居の骨組み

    IMGA1385up.jpg

    建物内に保存された住居跡

    加曽利貝塚の博物館はかなり古めかしい
    しかも入り口の中心に職員の部屋があるという
    なにか権力的なつくりの建物

    やはり貝塚の縄文土器はかなり平面的だった
    海と山、
    やはり山のビジョン、生活の風景に山が見えていることのイメージ生成力と
    山の地形的な生活リズムがその空間感覚を生み出すのか

    壊れた竪穴式住居の再建の為に市の自然公園などで刈られる
    茅や樹木を刈りあつめ、沢山置いてある
    費用がかからないのはよいことだ

    千葉駅までもどって、海のほうに行く
    木更津をこえても、なかなか海が見えない
    やっと上総湊(かずさみなと)駅で
    美しい海の青い風景が広がっている
    竹岡駅で黄金井戸、光藻発祥の地という看板を見つけ、
    下車、徒歩五分くらい


    IMGA1387up.jpg

    黄金井戸の石の窪みの洞の浅い水の
    黄金の底の光


    IMGA1390up.jpg

    樹の根の洞の石柱

    駅までもどって、再び電車で南下するが、
    真っ暗になってしまったので、保田駅で下車
    本当は、温泉に入って帰りたかったが、
    千葉には火山がないので温泉が少なく、
    駅からも遠いのがさびしい

    神社をまわって、パンと弁当を売っている商店で
    サンドイッチ買って、駅に向かって歩いていると
    迷ってしまって、道をおばあさんに聞いて、
    帰り着く、途中海岸線に着き、暗い砂浜に降り立つ

    波に触れた手が潮に澄んで
    潮のせいかしら
    塩のせいかしら


    IMGA1392up.jpg

    保田駅近くの神社
    帰りの電車を待つ間に散歩
    波の伊八の下総だけに、小さな神社にも生きた膨らみを宿した龍の彫り物があった


    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/120-598b075a

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。