Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2008-01-08 初詣でなど

    ひさしぶりに
    友人に半ば無理矢理に
    初詣に近くの神明宮に連れだされた

    友人、主に二人は年来の行事として毎年行っているが
    何かと出かけていたり、用事で参加出来ないことがほとんどだった

    今年はいろんな神社にたくさん行ったが、
    普段人の気配のほとんどない神社に
    初詣の時には凄い人混みで、行列ができていた

    辟易しながら並んで待ちながら
    四隅に竹を立てた焚き火を眺めて、甘酒など飲んでいると
    年始めから火を見てすごすのも、よいものだなと
    家まで直接呼びに来てくれた友人に感謝しながら
    あかるい初詣気分から
    まったく暗がりに隠れている、磐座や巨木にあいさつして
    初詣を終えた

    (篝火や巫女装束の袖の磐座)

    それから長野に帰って、
    雪深い寒さにやられて、寝込んで過ごしたりしている

    宵、雪景色
    単線の無人駅に降り立って
    くらい銀世界の雪の木立の闇のトンネルをくぐって
    日はあける

    ふと
     目についた 吸いつくように
    雪の杉木立は夜の満天の星空の冷えた呼吸 の記憶を
    闇の呼吸の星空の記憶を宿しているような姿を 吸いつくように 重ねています
    凍て星の 抱くがごとし 雪木立

    風邪をひいて寝込んでいたので、近くに行って見たかったけれども
    窓辺から見えるおんべの火が小さく燃えるのを
    さみしく眺めていました
    おんべ火の 凍ゆる窓に 昇り竜

    肩が寒くて風邪をひいたのでどてらを着て寝たら、肩が暖かい
    夜に昼の日差しと薪ストーブの熱で融けた屋根雪が落ちて
    家の脇腹に堅い雪の拳固を食らったような
    重く深い鈍痛のようなひびき
    さむくて布団を山のようにかけているから
    そのひびきがまるで雪の分厚い布団に閉ざされて
    潰されているような そんな寒い 言葉少ない場所です
    どてら敷き さみしき肩に 雪落とし


    スポンサーサイト

    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    まだ風邪ひいてるので、
    試してみますね

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/118-47ebb561

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。