Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2007-10-17 恐山、ポロトコタン、小牧野遺跡、御所遺跡

    恐山秋の大祭へ
    イタコに会いに

    出発が遅れたので、
    途中、いわて沼宮内駅で終電
    テント泊、石のつぶての上に寝る

    一戸駅、徒歩30分
    御所遺跡、竪穴式住居の上に土を盛って草が生えてるやつを見に行く

    エントランスから自然木が柱になってトンネル状の長い吊り橋になっている
    トンネルから外を眺めると自然木がきれい
    橋の下のセリが生えていそうな清流の小川の流れる美しい景色を見下ろしながら

    博物館自体も屋根に土と草が生えている
    休憩所みたいな小屋も全部、
    このこだわりは好きだ
    好感が持てる建築の博物館

    開館前の朝一なので、先に外を見る
    土盛り竪穴式住居、
    まさに土蜘蛛の巣だ、
    大和朝廷は原住民の一部の穴を掘ってその中に暮す人々を
    土蜘蛛と呼んでいたが、そのとおり
    遠い時代の風景が蘇って佇んでいるようだ

    石で囲われた炉の灰が美しい
    住居の耐久のため毎日火を焚いているらしい
    でも中のつくりは毒キノコっぽいのが生えていて、
    あまり快適ではなさそう
    昔と構造がちがうのか、生活していないからなのか、

    大きな栗がたくさん落ちている栗の木の向こうに
    ストーンサークルがあるが、
    サークルと言うほどではない、
    大湯環状列石と同じく、列石の周りに櫓が立っている

    奥にも、土盛り住居を作っている

    博物館内

    焼け落ちた住居がガラス張りの床下に保存されている
    焼け落ちた住居のおかげで、屋根の上に土が盛ってあったことがわかったらしい
    縄文土器、ちょっとアミューズメントパークぽい展示、
    石器、
    大きな立石が竪穴式住居の立つ原っぱを見渡せる二階の窓辺に置かれている
    うつくしい石の神のような
    でもセメントみたいので埋め込んである

    鼻曲がり土面、
    壊れた遮光器土偶、
    生命の襞のような縄文土器

    この石の響きの刻のような存在には
    しびれるように見いる


    電車で下北駅へ
    前に恐山に来た時は、夜に着いて、
    連れが一人でも行くと言うので、
    真夜中に2.3時間歩いて恐山に行くはめになったが

    今回はバスがちょうどあったので、バスでいく
    確かに、夜歩いたほうが、風が轟々鳴り響き、畏れを感じる気配の中
    ウソリ湖上にのぼった満月を見た、その刻のうつくしさは
    かえがたかったが、二度も歩きたくはないな、と

    バスの中でも、青森の民謡が聞けたり、恐山は
    アイヌ語のウソリという言葉から来ていると言う話が聞けたり、
    おもしろかった、

    秋の大祭でイタコがたくさんいたが、
    岡本太郎の写真に出てくるような、盲目の凄い存在感のイタコはいなかった
    それでも、話を聞いているとおもしろいが、

    沖縄の離島のノロのほうが凄いな、

    無料の温泉に入る、
    前に来た時は、ウソリ湖と山の青がものすごく印象的だったが、
    今回は湖面が波立って、そこまで印象的ではなかったが、
    それでも、その場で呼び起こされる声というものはあるものだ、
    白い丘に鮮やかな赤い葉がうつくしい

    その場に至るまでの、入りかたによって、時間や空間との出会い、
    その場所に受け入れられるかが決まってくるのだろう

    大間岬から、北海道に渡りたいが、恐山から直接のバスがないので、
    車に乗せてもらおうと、声をかけると、一人目の人に乗せてもらえた

    各地を旅して、修行している裁判官のおじさん夫婦で、
    いろいろ話を聞く、

    真っ暗な中、大間岬に着く、雨が降りはじめ、
    岬の休憩所に降ろしてもらう、

    これから、まぐろを食べてから
    道の駅で車中泊して名古屋に向かって帰るらしい、

    休憩所で、テント泊

    朝、雨がパラつく中、
    フェリー乗り場へ

    大間のまぐろが食べられず、残念
    大間-函館、1300円くらい

    函館から、アイヌ博物館のある白老まで
    電車だと、開館時間に間に合わないので、

    フェリー内で出会った、キャンピングカーで旅をしているおじさんに乗せてもらい
    一路室蘭へ

    高校時代、自転車で東京から北海道まで来て、苫小牧からフェリーで帰ったその道を
    キャンピングカーで走る、車窓から見える北海道の神社はかっこわるい
    場所に根づいていないからだろう

    途中伊達という町で、おじさんが、伊達正宗と関係あるのか、といい
    伊達開拓資料館に寄る、

    伊達正宗の従兄弟かなんかが、来て開拓したらしい、
    続縄文時代の、鯨の骨のスプーンがうつくしい

    迎賓館の二階の窓の光の穴がきれい
    リスが園内に普通にいる

    北黄金貝塚とか他にもおもしろそうな遺跡があったが、
    時間がなくて行けなかった、また今度ゆっくりまわりたい

    室蘭で遊ぶという、キャンピングカーのおじさんと別れ、
    電車で行こうとするが、電車がなく、アイヌ博物館に時間内に辿り着けないので、

    またもや国道で車を探すが、なかなか止まってくれない
    やっと、原水爆反対運動やってるおじさんが乗せてくれた、

    なんとか、時間内に白老に着き、
    アイヌ博物館へ、

    巨大なアイヌの像が立っていたり
    アイヌのチセ(家)がガラス窓だったり、
    かなり観光地的なところだった、
    イクパスイ(酒篦)やイナウ(木幣)など美しいものがあるが、
    どこかはいってこない、照明や展示の問題なのか

    それでも日暮れのポロトコタンの湖が本当に聖地のようにうつくしい
    湖の上に無人の舟が浮かんでいるか(もしくは立っている)

    踊りと語りが始まったが、
    客の半分が、韓国の団体さんで、アイヌの話手のおじさんが
    韓国語も堪能で、おもしろおかしく話す

    唄と踊り、なかなかおもしろい
    踊っているのはほとんど若い人だった

    アフンルパル(あの世への穴の遺跡)のことなど、いろいろ係の人に聞く、
    アイヌの唄や踊りもう生活の中に宿っているものではなく、
    保存される対象になっているという、
    沖縄の離島では唄や踊りは生活に生きたものとして受け継がれている
    どこかにそういうアイヌの息吹きが残っているところに行ってみたい

    平取(ビラドリ)、二風谷にはまだトゥシクル(巫女)を名乗る人がいるらしい
    ダムに沈んだアイヌの聖地だ
    今回は時間がないので行けないが、またゆっくり北海道をまわりたい

    日暮れてしまったが、登別まで戻り、
    アフンルパルのある場所まで、歩く、
    真っ暗な国道を教えられたとおり、探すが、
    アイヌ博物館の人も実際行ったことはないと言うので、
    正確な位置がつかめず、
    ライトはあったが、みつけられない、
    螺旋に掘られた漏斗状のおおきな穴で、
    道路工事で、4分の1くらいが削られてしまったらしい、
    条件が悪すぎ見つけられない、
    途中、心配して車が止まってくれて、
    アイヌのことに詳しい人に電話して聞いてくれたが、
    やはり、道路工事で判別できなくなったらしい、
    止まってくれた人は、アイヌの踊りを踊ったりする、二風谷出身の人だった

    今回は無理と断念して、駅へ
    室蘭駅、回転寿司屋とかスーパーとか、閉店してたので、
    飲屋街の焼き鳥屋へ、
    おいしい焼き鳥と、ごはんと味噌汁、漬け物や
    お客のおじさんもってきた、さつまいもや稲荷寿司ももらう
    やっとまともな食事にありついた
    アイヌ博物館のことを聞くと、昔はもっと小さなチセで、
    アイヌのおばあさんがいたが、段々、チセが大きく増設されて、
    観光化されて、おもしろくなくなったという話しをしてくれた

    室蘭から函館へフェリー内で一泊
    登別のスーパーで買っておいた半額の刺身を食べる
    やっぱり新鮮で味が全然ちがう


    朝、青森フェリー乗り場から、
    歩いて小牧野遺跡へ行こうとしたが、遠くて無理、
    バスで、青森駅、そこからバスで、野沢というバス停が最寄りだが、
    かなり待つので、手前の高田行のバスの終点から歩くことに、

    徒歩一時間くらい、終点で降りたおじさんは、小牧野遺跡の近くに茸採りに来たらしい
    途中茸採りに着たらしいおばあさん二人にも会う、

    やはり縄文人の住んでいた場所は、茸が採れる豊な場所だったのだろう

    小牧野遺跡に着くと、作業員がいて工事中だった、
    水で石が流れるから、薬品を混ぜた覆い土をして保存するそうだ、
    半分去年おわって、そのさらに半分はブルーシートで覆われて、養生していたが、
    とって見てもよいですか、というと、心良くブルーシートをめくって見せてくれた

    なんとも不思議なうつくしい色をした石達だ、
    なにか力をもった場所だった、ここにいるとなにかがうまれている気がする
    ストーンサークルというと平らな面に石が列んでいるイメージだったが、
    ここの石の列びは平面的ではない、波立つような立体的な窪みに石が列んでいる
    縄文人の空間感覚はこういう立体的な世界だったのだろう、
    生命というのは平らなものではない、
    立体的なダンスのようなリズム
    星の列びというのも立体的な感覚があるのかもしれない

    茶色い盛り土によって発見当事より石が見えずらくなってはいるが、
    この場が作られた当時の、石と土の対比が明確になるという面もある
    端には、盛り土をしておらず、黒い土と草が生えた石の列びも見れた、
    どっちが良いのだろうか、
    作業をしていたおじいさんが、いろいろおもしろい話を聞かせてくれる

    昔、高校の教師が、学生と一緒に、鉄剣を地面に碁盤目状に指して、調査をして発見した
    昔は馬の牧草地で周りの林が草地で、馬頭観音の文字を彫った列石の一部だけが露出して
    他の石は全て埋まっていて、環状列石のあった場所は、巨木の生えた馬の祭りが行なわれる聖域だった
    その場所を調査の為に木を伐り、拓かれ、
    周りが林になるという逆転が起こっている、
    木がなかった時には、岩木山が見えていた、
    この山が見える場所の平地につくられる環状列石という
    場所性の共通性が見える

    川石を運んで来ているが、直線距離で一番近い場所にちょうどいい大きさの石があるらしい
    上流は大きすぎ、下流は小さすぎる

    遺跡のすぐ脇の木にスギタケと思われる茸がたくさん生えていた
    エネルギ-の豊かさを感じる、

    帰りながら、森の中にはいると、ハナイグチと食べられそうな、茸があった
    帰りのバスがなかったので、通りかかった車に乗せてもらい
    行きのバス停からバスに乗って青森駅 
    あまりに強行なスケジュールだったが、
    東京にむかって帰る

    秋田、山形経由で帰るが、米沢くらいで電車がなくなるので、
    山形県のかみのやま温泉で降りて、足湯に浸かって、
    テント泊、

    朝、共同浴場温泉で入浴100円
    東京に帰る




    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/111-4b05e0e6

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。