Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2007-07-06 クリスティアーネ・レーア展

    とても作品はうつくしいと思いますが、
    その分、あの空間が残念です
    あのギャラリーを紹介したキュレイターのセンスのなさですね

    そのせいか、消化不良な感じがあります
    光の粒子の家のような存在に惹かれるのですが、

    見る見られるの、都市的、美術作品的な関係性には
    あまり動かされない

    目は喜んでいても、
    体全体が揺さぶられない

    場との響きあいがあったら違うのだろうけど

    作品は文句なくすばらしい

    ああゆうものが、時間の経過で崩れたら
    村人の手とかで再び作られて、守られ続けていくなら、
    それはすばらしい、伝統になっていくんだろう



    クリスティアーネ・レーア展

    Gallery A4

    7月31日まで
    10:00~18:00
    (日、祝日休館)入場無料
    http://www.a-quad.jp/main.html
    スポンサーサイト

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可  

    トラックバック

    http://sugihara.blog27.fc2.com/tb.php/100-b9e03bd5

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。