Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-07-11 縄文国際コンテンポラリーアート展 in ふなばし2011

    飛ノ台史跡公園博物館で本物の縄文土器を使った展示を行いました。
    7000年前の貝塚の貝と
    5000年前の縄文土器と
    3.11以後につくった石に漆をほどこした作品を展示しました。

    裸星座・縄文の緒

    星を見て海図とする漂海民のように、
    縄文人も夜空に輝く星座を身体の地図にして石を置き、
    大地と繋がりを結んでいた。縄文土器の命の緒。
    石の裸に樹木の血で入墨するように、列島の深い傷に祈りの星図を刻む。

    DSCN1159_convert_20110717231935.jpg

    本物のもつ力に圧倒されます。
    ほかメキシコの作家の作品も展示されます

    縄文国際コンテンポラリーアート展 in ふなばし2011
    -先史飛ノ台とメキシコ・マヤの根-
    2011年7月17日(日曜日)~9月11日(日曜日)
    午前9時から午後5時まで ※入館は午後4時30分まで

    飛ノ台史跡公園博物館
    〒273-0021千葉県船橋市海神4-27-2
    電話番号047-495-1325
    休業日 月曜日・祝休日の翌日(土曜日・日曜日は除く)
    入館料
    一般 100円(団体20名以上は70円)
    児童・生徒 50円(市内在住の中学生以下は無料)(団体20名以上は30円)


    交通案内
    東武野田線「新船橋駅」から徒歩約8分、
    東葉高速線「東海神駅」から徒歩約12分、
    京成線「海神駅」から徒歩約15分


    http://www.city.funabashi.chiba.jp/shisetsu/bunka/0001/0006/0003/p000222.html









    スポンサーサイト

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。