Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2007-08-21 純情の衝突-conflict of pure hearts

    日韓現代美術交流展
    「純情の衝突2007-conflict of pure hearts」

    2007年9月1日(土)~9月14日(金)
    11:30~19:00

    場所:BankART Studio NYK (横浜市)
    〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9

    入場料:300円

    シンポジウム

    2007年9月1日(土)17時30分より
    テーマ:「日本と韓国 接点の物語」
    (主にグループワーク作品について日韓の作家が、
    プレゼンテーションとディスカッションを行ないます)
     
    2007年9月2日(日)15時より
    テーマ:「日本と韓国 接点の物語」
    (主に個人作品について日韓の作家が、
    プレゼンテーションとディスカッションを行ないます)

    (両日ともシンポジウムのオープニングに
    太陽をテーマにした共同作品の舞台で
    韓国人作曲家のコンサートがあります)

    オープニングパーティ
    2007年9月1日(土)19時30分より

    ワンドリンクがサービスで日韓の軽食が出される予定です


    conflict_chirashi-2.jpg


    ura.jpg



    ゴッホなどに象徴される芸術家という、特別化された存在は
    個の確立とともに、その時代の最も刺激的な存在確立だったと思われる、
    しかし、芸術が生活から遊離し、ある限られた人だけの興味の対象になり
    芸術とはわからないという言葉で語られることが多くなった現在、
    その芸術家-アーティストという語られかたはもうよいのではないかという想いが生まれてくる

    そんな時、古来日本には芸術という言葉はなく職人としての表現者達だけがいたことが思い出される
    その生活の需要という、スペースにおいてこそ自由になれる場(ニッチ)があったのではないか、
    現在において、その職人としての表現者こそが最も刺激的かつおもしろい存在なのではないか、

    そんな想いを抱いたまま、
    日韓国際交流展第二回「純情の衝突-conflict of pure hearts」において、
    「日本と韓国 接点の物語」をテーマに個人制作とグループワークを行なう中、

    浮世絵などの職人に見られる「分業制」による制作集団「くみひも工房」を設立するに至った

    どのようなイメージを具現化してほしいかと、「日本と韓国 接点の物語」のエピソードを、
    アンケートリサーチによって集め、

    それをヒントに自分の体験と響きあうものをイメージした
    制作の責任者-頭領がメンバーの特技に合わせて分担し、制作を行なう方法をとった

    アンケートリサーチの結果「韓国やアジア諸国の市の活気」というキーワードを得、
    それを体現するマーケット・インスタレーションによって、
    制作された作品は付随する物語とともに会場にて販売する

    購入するための手段として、
    通常の貨幣、物々交換、会場に置かれたアンケート用紙に観客が「物語」を書き込むことでそれが通貨となる地域通貨など、多様な貨幣制度によって行なわれます。

    より詳しくは、制作ブログにて、
    d012086220070802210701.jpg




    5日、10日、14日の朝から会場にいる予定です
    会場にいる日が増えたら、ここに書き込みます




    スポンサーサイト

        2007-08-11 上原(うわっぱら)遺跡

    大町のページを見ていたら、ふと
    配石遺構のある遺跡が載っていたので、
    行ってみる

    自転車で水路に沿って畦道をゆく
    途中、偶然古墳跡に出会う、
    天井石の失しなわれた石の祭壇のような風情
    草と石の美しい場

    カメラを持っていたが、メモリカードを忘れて、
    しょうがないので、映像に撮る

    道に迷いつつ、大町温泉郷らしき
    大きな建物を目指す、

    鹿島川の橋を渡り、温泉郷の
    観光案内所で、周辺の地図をもらい
    上原(うわっぱら)遺跡の位置を確認する、

    奥の森に数日前に熊が出たから、鈴とかラジオとか
    音の出るものを持っていってと言われるが、持ってないので、
    声を出しながら、森の道をゆく

    途中、道祖神がたくさん立っている
    中沢厚の「石にやどるもの」の中で、馬頭観音について書いてあるのだが、
    そこら中の道祖神の頭に馬頭がついているのだ
    確かにに、なんで、こんなに馬頭観音なんだろう、と不思議な気持ちになってくる
    道祖神は穂高を歩いたとき、石の存在に引き付けられてはいたけれど
    石の時間のようなものにか、

    その造型にはそれほど興味がなかった、
    でも馬頭観音は確かに気になる

    上原遺跡の、竪穴跡を見、
    配石遺構に行く道の畑に、銃をもったマネキンが3体、奇妙な服を来て、
    顔をペイントされて立っている、マネキンは嫌いだが、こいつらはおもしろい
    これこそアートみたいなものだな、と
    妻有とかにあるべきものだ、と思う

    配石遺構、つまり、立石、環状列石、
    それは、草の大地にそそり立つ、男根であり、境界であり
    樹石であるような、その石と草という存在の差異があざやかにうたうような場だ、
    こういう場こそ、必要なんだと思う、
    その境界、ある空白な域、に満ちる生命の讃歌
    この山に囲まれた平地という立石の在り方は、他の石の記憶を呼び覚す

    韓国の江華島の山間の小さなドルメン達、
    大湯環状列石、八ヶ岳の尖石遺跡の風景
    この山という存在に対するアカシ、
    性であり生であることのアカシの場、
    山と響きあい、つりあっているのか、

    平地にリズムを与える
    山の骨を植える



    でも写真と現物の配石の並びが変わってる気がするけど、
    あと、変な植木とか、柵とかはいらないけど

    このすぐ近くに市民浴場の温泉があって
    なかなかよい温泉だったが、
    改装されて上原の湯、一般500円になってしまった

    近くの、森の中
    蚕玉神社の巨石に会って、帰る

    sightseeing_pl19.jpg

    大町市のページより



        2007-08-07 西丸震哉記念館

    gaikan4.jpg


    2007年8月1日(水)より西丸震哉記念館、レイクサイドギャラリー&カフェが仮オープンしています。正式なオープンは2008年春に行われる西丸震哉さんを招いてのオープニングパーティーからになりますが、この夏から一般公開を始めます


    建築デザイン、内装、展示のインスタレーションを担当、
    小さな記念館ですが、できるだけ生の物にふれられる空間をつくりました
    同時に西丸さんの収集品とコラボレーションする形で
    美術の企画展示も行なっていこうと思います

    昔民宿をやっていた建物が隣接しているので僕がいるときは宿泊可です
    要、事前連絡


    主な展示品:
    台湾、パプア・ニューギニアの蝶の標本、パプア・ニューギニアの人食い部族の頭蓋骨、極楽鳥の羽根、パプア・ニューギニアの貝の標本、西丸震哉の線画、インド、台湾の写真、山の写真、パプア・ニューギニアの弓矢、ぶっころし棒、太鼓、腰蓑、石のコレクション、サハラ砂漠の砂、等

    IMGA1294s.jpg


    IMGA1295s.jpg


    tyou.jpg


    IMGA1255s.jpg


    IMGA1253s.jpg


    IMGA1305s.jpg


    IMGA1297s.jpg


    IMGA1275s.jpg


    IMGA1235s.jpg




    8月1日(水)~8月18日(火)仮オープン期間
    10:00~16:00まで毎日オープン

    (時間は連絡をもらえれば、延長できます)

    8月19日以降は、不定休の為、電話予約をお願いします
    tel:0261-22-1436

    開館時間:10時~16時

    入場料:無料

    アクセス:
    電車:JR松本駅よりJR大糸線で
    信濃大町経由で稲尾駅(無人駅)下車
    徒歩5分

    トンネル手前右折、線路くぐってすぐ

    車:中央高速豊科インターより45分
       関越自動車道、上信越道長野インターより
       1時間

    バス:長野、新宿等から信濃大町駅
        以後電車

    所在地:長野県大町市平区稲尾10901
    電話:0261-22-1436


    rogo.jpg



    西丸震哉プロフィール

    1923年、東京生まれ。
    食生態学者、登山家、探検家。
    東京水産大学山岳部の創設者。1980年、
    農林水産省食品総合研究所官能検査研究室長を辞した後、
    食生態学研究所長として人間の正しい生存路線を探り続ける。
    登山は1936年より始める。ガダルカナル、ニューギニア、
    アラスカ等の遠征や、画家、作曲家、SF作家としての活動も。
    日本熱帯医学協会顧問、日本極地研究会、日本旅行作家協会理事。
    著書は『食生態学入門』『未知への足入れ』『山とお化けと自然界』
    『山歩き山暮らし』『山の博物誌』『イバルナ人間』『41歳寿命説』
    『ニチャベッタ姫物語』など多数。





    image46.jpg

    b0098990_20451499.jpg

    DSCF1954a_20100611004342.jpg






     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。