Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2006-12-07 早稲田大学演劇博物館、會津八一記念博物館

    イプセン没後100年記念展
    「日本におけるイプセン受容の歴史」

    2006/11/6(月)-12/17(日)10:00-17:00(火・金は19:00まで)
    ※休館日11/23(木・祝)
    入場無料
    早稲田大学坪内博士記念演劇博物館


    能面がけっこうたくさん見れる
    時間がなくて「イプセン没後100年記念展」は
    あまりよく見れなかったが、なかなか雰囲気のいい博物館だ
    タダだし、ゆっくり見てみたい



    下野谷遺跡展
    -縄文の遺物を中心に-

    2006/11/27(月)-12/16(土)10:00-17:00※休館日:日曜・祝日
    入場無料
    早稲田大学會津八一記念博物館


    縄文遺跡の展示、
    無造作に置かれたような展示だが、
    予想に反しておもしろい縄文土器があった、
    光のあてかたがおもしろいのか、
    土器の色がうつくしい
    抽象化された万物のリズム
    内臓的なヴィジョン

    常設展、
    前にも来たことがあったが、
    ここの常設はタダなのにすばらしい、

    アイヌの服の紋様がおもしろい、
    他の日本文化と異質な内臓的な生のリズム
    縄文土器とつながる、
    踊りがもうすでに踊られているような紋様、
    すべてのものに神が宿っていた時代の

    服にも神が宿ると考えたアイヌの人々の祈り
    線、という抽象化によって
    縄文、アイヌ紋様、水墨の龍の線描のリズム、寺社建築の龍の彫物のリズムと
    日本文化の底流につながるイメージを読みとる
    他にも中国の像とか水墨画など色々ある
    ここはおすすめです


    スポンサーサイト

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。