Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2005-01-26 「孔雀」クリスファー・ドイル

    44154_199s.jpg

    最初に見たときはねむたくって、通りすぎただけだった。
    でもそれはずっと僕の中に残っていた。
    再びテレビでその音楽を聞いたとき、
    ぼくはその音楽を求めていた。
     
    それから僕はもう四六時中、生活の一部になってしまったように、
    「孔雀」を見続けた。
    別に食い入るように画面を見続けているわけではないが、
    その場 に映像と音楽が流れていることが必要なことで、
    それはぼくにとって完璧な作品だ。
    最後の浅野忠信が踊っているところを除いて。

    自分にとって特別な作品というものがあるならば、
    まさに「孔雀」はそれにあたる。
    「孔雀」を理解できるということは
    僕にとってひとつの指針になると思う。
    だから僕はずっと探している。
    「孔雀」が自分にとって最高の映画だという人を。
    スポンサーサイト

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。