Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-05-31 音江


    渦の、臓物のあな、丘上に窪んだ、蛇の、ねむり葉、渦潮の空路、いのちのはか、音江、風をよんでいる









    スポンサーサイト

        2013-04-13 北上行・詩歌文学館、吉増剛造×笠井叡「足裏の律動(リズム)」

    仙台、塩釜経由で北上へ、神社を巡る、
    神社は境である。
    塩釜で食べたごま餅がうまかった。
    仙台までは雪がなかったが、岩手に入ると雪の世界に覆われる。

    歩いて樺山遺跡ストーンサークルへ、
    雪に埋もれて、立石の頭だけが、雪原にぽこぽこ見えていた。
    そのまま歩いてみちのく民俗村へ、凄い古民家を集め過ぎ、
    枝に刺した色餅、古民家は宇宙の暗さを設計している。
    北上市立博物館で、煤けた細い古布きれをたわわに纏った
    オシラサマの膨らみに驚嘆していた。

    詩歌文学館、吉増剛造×笠井叡「足裏の律動(リズム)」
    朗読の螺旋の旋回は即応されることなく、茶化されて、
    ピンチハンガーぶち壊しての舞踏はおもしろくとも、
    音源と舞踏の型の限界、

    この後、おでんせプラザ(デパ地下)で行われた鬼剣舞を見て、
    太鼓のうねりと舞のうねりの呼応が浮き彫りにしていた

    北上という雪深い地のもつ無形のものの力のいのち、
    デパ地下という舞台空間としては最低の空間であっても、
    緊急雇用創出事業で鬼剣舞をやるという文化の懐の深さ。
    これが東北のいのちの緒。本祭が見たい。

    翌朝、地図を見て、江釣子に惹かれて歩く、
    神社と、カムイ・ヘチリコホってなんだと思って行ったら、
    ただの公園だったけど、
    アイヌ語、カムイ・ヘチリコホ(神々の遊び場)が
    江釣子の語源ということ、
    この音の渦巻きにひかれていく

    詩歌文学館、吉増剛造と林浩平の映像上映トーク90分が3回、
    吉増剛造と大野一雄の共演の始まりから尾崎放哉、
    沖縄、アラーキーとメカスと吉増さんのNHKの旅の歴史、呼出し、
    大野一雄もまたともに呼び出しあっていたのか、
    夢のしぐさの身体、ヴィジョンの立つ濃密な時、
    詩が立つとシネが枯れるのか

    ゆめの身体のヴィジョン、
    オシラサマの紐緒を結びつづけ顔も見えない、
    膨らんだ布きれの塊となった頭、

    煤茶けた生活の帯を毎年結びつづけた、
    連綿とつづく時の命の緒を纏った幼虫の蛹繭、
    そのいのちの発芽の発光というふるえの変態するふるまい、
    舞も絵も言葉もすべて同じ、変態の媒介、あわいのもの

    確かにあれは ふさ だ、
    鬼剣舞、からだが夢みた身体の、
    穂舟、胞衣の膜の中の毛布、
    水棲膜、生まれなおしという変態のため、
    ものにこころを寄せる、
    稚児の仕草の河童、
    早池峰神楽獅子の異形化、怪物性、
    賢治の月夜のでんしんばしら、
    どんと焼きの大地の夢の一時のみ立つ男根よ、
    蛇体の家、オシラサマ




        2013-02-25 関東の環状列石から同心円文化をみつめる

    地形を辿る時、
    母性の丘を昇るような、
    揺れ、と出逢う、
    地に石たちは立っていた、
    山と丘の合間、

    田端環状石積遺構、
    ただニュータウンというところの
    歴史の剥ぎとられた都市に立つことの目眩

    浅間大社、
    透きとほる富士湧水の中の緑が洗い澄ます、
    心の在りよう、

    富士山の美しさ、
    富士が燃えていた
    という言葉、

    富士宮の千居(せんご)遺跡、
    富士を受ける形、
    丸みのない石の組

    ふるえるときがかざしたて

    伊豆の上白岩遺跡、
    二本の川の又の丘上(大地の天上感)、

    すべてが読み解けるわけではないが、
    石組はおそらくひと繋ぎではなく、
    交差する二匹の蛇、

    水引、
    二つのものを結び合わすことで生まれる差異の通路、
    空という存在の路、満ち、未知

    修善寺の柱飾りの波木彫、
    風を彫る、
    空(くう)を彫るということの
    世界の抱きしめ方、
    空の身体の舞

    修善寺から歩いて、
    農の駅で食べた、伊豆シシ肉バーグ弁当、
    絹織物のように柔らかい―紅茶シフォンケーキ

    川の又の丘上、大地に織られた織物のような、大地の刺繍?、
    環状列石の目の前にある白岩温泉につかってから、

    坂をのぼって、
    生まれなおした風の膜に、確かに出会っていた










        2012-03-21 旅ぐらし―岡山、瀬戸内、豊島美術館、京都、やまなみ工房、飛鳥

    所用で瀬戸内を訪れる。
    岡山で吉備津神社、吉備津彦神社、吉備の中山
    楯築遺跡へ行く。

    吉備津神社への参道、松並木
    温羅(ウラ)という鬼の伝承
    鳴釜神事の行われる御釜殿は神社の建物のなかで
    火を焚き湯を沸かしている。日常的に。
    神社の清廉な空気の中、湯気が舞い踊る。
    この形象こそが、カミと呼ばれたものの姿見であるように。
    阿曽女(あぞめ)というお婆さんが神事を行う。

    吉備の中山の穴観音から眺める
    茶臼山古墳の亀のような形態感
    穴観音は仏教以前はおそらく原始宗教の磐座で
    吉備の桃太郎(おじさん)と会って話をする。

    この辺は吉備の穴海と呼ばれ、
    入江と小島の海だったそうだ。

    桃太郎と浦島太郎が重なって、
    温羅(ウラ)と浦(ウラ)、竜宮島と鬼が島
    茶臼山古墳の亀に乗って常世にいく舟

    吉備の中山
    八畳岩(奥宮磐座)は
    とぐろを巻いた蛇体のような巨石のつらなりがなす
    すばらしい力をもった磐座

    それから
    吉備路を歩いて楯築遺跡を目指すが、
    路をまちがえ、引き返したので、
    日暮れに間に合わない、
    雨も降ってきて雨宿りに自動車屋さんに入って、
    道を尋ねると、
    車で連れて行ってくれることに。

    実はまだかなり遠く、雨もつよくなったので
    ほんとうに助かった。
    遺跡に着いて、
    お礼をいってから急いで雨の中見る。
    暗くなる寸前に少し見ることができた。

    そして墳丘内の東屋にテント張って、
    スーパーに買い出し、食事をして寝る。

    朝、雨は降っているが、楯築遺跡を再度見る。
    楯築遺跡は墳丘墓の上に立つ
    ストーンサークルだと言うので見に来た。

    確かに4つの石が円に立っているが、
    これがストーンサークルかと言われると、微妙ではある。
    しかし、墳丘上の祭壇としては非常におもしろい石があり、
    水を溜める石の器のような石や
    円卓のような石の座があり、
    非常に重要な聖域であったことは確かだ。

    給水塔が建てられ、墳丘のかなりの部分が壊されているが、
    随所に美しい巨石が落ちている。

    それから歩いて王墓山古墳と真宮神社へ
    貝がらを含んだ石で作られた石棺
    尾根状に、巨石と石窟古墳がつらなる。

    その後、歩いて吉備津駅に戻り、一路香川県へ
    詫間という駅から粟島へ、
    神社で百々手(ももて)祭りの準備をする
    おじさん達に焼きたての牡蠣を振る舞ってもらったり、
    島のおばさんが作った土壁の蔵の中のビーチコーミングで集めた
    シーグラスを敷き詰めた空間などを見せてもらった。

    それから詫間に戻り、高松へ
    食事をしてから、バスに乗ってぽかぽか温泉に入り、
    近くの公園でテントで野宿

    朝、高松駅前のセルフの手打ち讃岐うどんを食べる。
    前に来た時、朝5時に食べたうどんのほうがうまかった気がするが、
    朝一は気合いが入っているのだろう。

    それから、もう一軒讃岐うどん屋でうどんを食べてから
    小豆島へ、

    オリーブのかがやくばかりの色に目を奪われ、
    巨大な石の桟敷などをバスから見てから
    所用を済ませ、
    港へ、豊島へ行こうと思っていたけれど、
    せっかく小豆島に来たのだから、少し
    散策しようと、港に泊まる。

    日本最大の宝生院のシンパクを見に行く
    それから尾崎放哉の資料館と記念館と墓へ行く
    エンジェルロード、干満で現れる小島への道も満ちていて
    見れなかったが、ハート型の絵馬がぎっしりついていて
    うるさい場所になっていた。

    それから神社などをゆっくり回って
    港近くの食堂で、小豆島手延べそうめんなどを食べて
    港にもう一泊してから、

    豊島へ渡る。
    商店で荷物を預かってもらって、
    参道のうつくしい岬の神社へ
    途中光り輝く海の白波の広場と赤茶けた岩と砂、松の緑の合間に
    萌黄のグリーンが覗いていて、心を射とめられた。
    崖を降りていくと、海草の色鮮やかな緑だった。

    それから
    ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」へ
    浜辺に焼杉の黒い建物
    しばらく開館まで待って、中に入る
    暗闇に心臓音が響きわたり、裸電球が明滅する。
    壁面には黒いプレートが貼り付けられている
    細長い空間。奥にスピーカーが取りつけられ、
    心臓音が身体を貫く。

    ただボルタンスキーは、妻有の「最後の教室」で見た時のほうが
    全然よかった。

    小学校に染みついた歴史性と呼応する形で心臓音が響きわたるのと、
    作家の思い通りに新たに作った空間では、場の持つ力の違いは明らかだった
    予算がありすぎて、自由が利きすぎることの問題というものもある。
    廃屋はたくさんあるのだから、もっとそういうものを生かした
    豊島の傷に触れるような関わり方があったのではないか。




    それから豊島美術館へ
    内藤礼さんのこれを見たくてここまで来た。

    チケットを買って簡単な説明を受ける。
    白い球状の建物を横目に白いコンクリートの道を歩いて
    山を一週周って行くと
    瀬戸内の海の眺望が広がる。

    ぐるっと回って石窟古墳の入り口のように少し入口が
    狭くなった奥は、御嶽の内部のような光さしこむ異世界
    思わず内と外が穿った光の景色に目を奪われて
    靴を脱いで入るのを忘れてしまった。

    靴をスリッパに履き替えて
    中へ、裸足で入ってみる

    内に開かれた穴が外と繋がって
    入って左手のほうは天窓というより、
    バルコニーのように開かれた空間に落ちた光の底を

    水銀の蛇が駆け抜ける瞬間の
    生きた
    命の躍動の光が奔った

    このように舞い降りた光のなか

    水の蛇、龍、
    カミと呼ばれてきたものの
    形象化

    精霊と名付けられてきたものの形象化された
    場の創造

    これはまったく無垢な神の社の姿

    この光と水の、
    ただ水の流れるということのもっている
    美しさの道は

    このなんともいえない
    動きの妙は

    大河へ至る
    川の命
    水の命

    右奥の天上穴から舞い降りる光と風と
    水の生まれる所の、流れゆく
    自然の舞の美しさに
    心奪われる

    ふるうるみずのたま

    ここは月でもある

    月面に初めて水が訪れた夜のはじまり

    この月の子宮に初めて訪れた
    命の水の流の子たち

    この光の水の道筋

    水と言うまったく当たり前で
    もっともかけがえのないものを

    しかもただ流れるということだけで
    その美しさをあからさまにしてみせた

    これはもうぶっちぎりで、
    内藤礼さんは
    人というものが築いてきた創造の歴史を
    切り開いている

    もちろん
    コンクリート建築であるという
    現代的なホワイトキューブという装置、
    仕掛け、その文脈を引きうけつつ
    それの可能性を極点まで引きだしているということ

    これが、すべて石で出来ていたらと
    想うことはあっても、

    コンクリートの虚無で、水の命を鮮やかにするということ

    これは、これでしかできないもの
    ある極点であるという気がする。

    唯一、天上穴の側面の厚みが厚すぎるという印象はあったが、
    それ以外は完ぺきな空間だった。

    恩寵ということに包まれる
    その為だけの場所。

    このようなことをやられて
    ここから何ができるのか、
    打ちのめされる

    外にでて
    ミュージアムショップもいい

    建築系の雑誌に古墳形の球面を出すのに
    土を埋めてアールを出したというのには驚いた
    そういう現代と古代との入り子構造が何層にも織り上げられて
    あの水の道が生まれているのだろう。

    これは本当にすばらしい
    唯一無二の場所が生まれた。

    水は地下水をくみ上げて使っている。

    それから、湧水や青木野枝さんの作品もよかった

    歩いて港まで
    (つづく)











        2011-04-24 東南アジア・インドネシアへ、タイ・ボルネオ・スラウェシ・バリ・ラオス

    一月
    東南アジアへ
    地震とtsunamiと原発
    日本をみつめながらの旅だった


    DSCN0102_convert_20110424064100.jpg
    「教会の耳」Nunukan, Indonesia 4/2 2011


    DSCN0116_convert_20110424064432.jpg
    「カトレア丸船上にて」Nunukan-Pare pare , Indonesia 4/3 2011


    DSCN0119_convert_20110424065549.jpg
    「トコナンハウスに彫刻を施す職人」Sulawesi・Tana Toraja , Indonesia 4/4 2011


    DSCN0123_convert_20110424065937.jpg
    「タンパガロ洞窟とタウタウ人形」Sulawesi・Tana Toraja , Indonesia 4/4 2011



    DSCN0130_convert_20110424071417.jpg
    「タンパガロ洞窟の舟型棺」Sulawesi・Tana Toraja, Indonesia 4/4 2011


    DSCN0133_convert_20110424071626.jpg
    「リアンピア」Sulawesi・Tana Toraja, Indonesia 4/4 2011
    亡くなった乳児を納める白い樹液の樹


    DSCN0139_convert_20110424072033.jpg
    「ロベの石柱」Sulawesi・Tana Toraja , Indonesia 4/4 2011


    DSCN0141_convert_20110424073057.jpg
    「ボリの石柱」Sulawesi・Tana Toraja , Indonesia 4/4 2011


    DSCN0143_convert_20110424073241.jpg
    「ボリの巨石墓」Sulawesi・Tana Toraja, Indonesia 4/4 2011


    DSCN0144_convert_20110424073603.jpg
    「マラキリの葬式儀礼場」Sulawesi・Tana Toraja, Indonesia 4/5 2011


    DSCN0149_convert_20110424074015.jpg
    「マラキリの葬式儀礼の生贄の牛」Sulawesi・Tana Toraja, Indonesia 4/5 2011


    DSCN0151_convert_20110424074225.jpg
    「パラワのトコナンハウス」Sulawesi・Tana Toraja, Indonesia 4/5 2011


    DSCN0152_convert_20110424074417.jpg
    「リアンリアン岩窟壁画」Sulawesi, Indonesia 4/7 2011


    DSCN0153_convert_20110424075122.jpg
    「リアンリアン岩窟壁画」Sulawesi, Indonesia 4/7 2011


    DSCN0155_convert_20110424075447.jpg
    「海景」Sulawesi-Selayar, Indonesia 4/8 2011


    DSCN0156_convert_20110424080017.jpg
    「路上の花の供物」Bali, Indonesia 4/12 2011


    DSCN0158_convert_20110424080053.jpg
    「蟻塚とランシーダ遺跡」Champasak, Raos 4/18 2011


    DSCN0161_convert_20110424081554.jpg
    「メコン川の朝」Champasak, Raos 4/19 2011







    前半の写真はSDカードが発見された



    DSCN0003_convert_20110428225711.jpg
    「雨のバンコク」Bangkok, Thailand 3/22 2011



    DSCN0013_convert_20110428230210.jpg
    「トレーダースケイブ」Niah, Malaysia 3/25 2011



    DSCN0027_convert_20110428231633.jpg
    「ニアーケイブ」Niah, Malaysia 3/25 2011


    DSCN0038_convert_20110428232418.jpg
    「ニアーケイブ」Niah, Malaysia 3/25 2011


    DSCN0044_convert_20110430112605.jpg
    「マーケット」Limbang, Malaysia 3/27 2011


    DSCN0049_convert_20110430113107.jpg
    「マーケットの日除け」Limbang, Malaysia 3/27 2011


    DSCN0051_convert_20110430112513.jpg
    「中国飾り」Limbang, Malaysia 3/27 2011


    DSCN0065_convert_20110430113504.jpg
    「森」Kinabalu Park, Malaysia 3/28 2011


    DSCN0071_convert_20110430115647.jpg
    「ラフレシア」Kokob Ranau, Malaysia 3/28 2011



    DSCN0087_convert_20110430120643.jpg
    「水上家屋にて」Sandakan, Malaysia 3/29 2011













     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。