Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2009-06-22 写真片

    Image234a.jpg
    ソフトフォーカスの磐座

    Image235ajpg.jpg


    Image237a.jpg
    丸川の丸石

    Image268a.jpg
    秘境駅の祠

    Image246a.jpg
    強清水

    Image175ajpg.jpg
    峯の湛、薙鎌の月


    スポンサーサイト

        2006-01-19 写真

    kage2.jpg






    ki.jpg








    tori.jpg








    yuki.jpg










        2006-01-16 沖縄

    utaki12.jpg



    黒島、仲盛御嶽

    すばらしい自然の激しさと雄大さを持った集合的な御嶽


    utaki13.jpg







    utaki14.jpg






    utaki7.jpg



    小浜島、御嶽

    近くの浜辺で、碧色の石器の半欠片を拾った。すごく綺麗



    utaki20.jpg



    沖縄、斎場御嶽


    すばらしい聖地だが、世界遺産になって観光地になり、
    死んだ御嶽になっている、
    隠れた御嶽が、横道や岩の上にあって、今でも拝みをしている跡があるが、
    一番の久高島を望む遙拝所は風化してしまった、化石の御嶽になっている
    人が立ち入れない聖地の空気が御嶽の最もすばらしい力だと思われる。





    utaki19.jpg



    久高島、拝所

    最も神高い島だが、今では12年に一度の祭りイザイホーも失われ、
    宗教的な力は薄れている、
    禊をするカー(湧泉)への道も崩れていたり、
    拝所も近代的コンクリートの建物になっていた。



    utaki18.jpg



    宮古島


    utaki16.jpg





    utaki17.jpg





    utaki10.jpg





    質と質のぶつかりあい、
    そのエッジの鮮やかさ、域について思い巡らしていた、
    そのバラバラになった想いの死体を、
    舞い降りるのは、
    物質の中に織り込まれた
    セーレイの錬金術



    utaki15.jpg









        2006-01-16 沖縄,竹富島

    ka-0.jpg


    花城井戸(ハナクンガー)





    ka-20.jpg


    花城井戸(ハナクンガー)

    この井戸は明らかに妖しい雰囲気を持った場所だった。竹富で一番古い新里村遺跡の井戸で、新里村遺跡は神聖な力が一番強いと、チロリン荘という1500円で泊れるドミトリーの宿(映画「孔雀」でアサノが住んでる家のロケ地)でカフェやってる妖しい兄ちゃんに聞いて来たんだけど新里村遺跡には草ぼうぼうで入れなかった。春に草刈りのバイトやったらしい。






    utaki5.jpg


    御嶽

    竹富の御嶽はすばらしい、神聖な力が宿る場所だ。




    ka-4.jpg


    仲筋井戸(ナージカー)






    utaki6.jpg


    御嶽






        2006-01-16 沖縄、波照間島

    utaki1.jpg







    utaki2.jpg






    黄と紫の鮮かな落ち葉が御嶽の入口に散り、
    石組みの御嶽と見事に対比をなす、究極的なインスタレーション、
    その時、その場所であることに心打たれる、
    こんなにもみごとなものを造ったのはいったい誰なのか、
    神司(巫女)なのか、霊感のある御嶽職人のような人なのか、あまりにすばらしい






    utaki4.jpg





    香炉のような石の上にだけ、苔が這えるのは水を掛けられるからなのだろうか、
    信仰が生きている御嶽。





    mizu.jpg










    umi.jpg





    最果て、最南端の海。





    umi3.jpg










     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。