Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2013-07-08 海ノ口環状列石制作

    海ノ口の湖畔で樹を刈る、
    山の窪みに沈む陽、水舞台にしたたる、
    光の芯、風に泳ぐ、
    天体がひらかれた
    裸足の芯で田を踏む、
    大地劇場

    稲尾の田んぼに水が張られ、
    山なみをふるわすみなもひろがる、
    イナオが稲尾だけではなく、
    アイヌの削りかけ、
    イナウにはイナオという発音もあることを知って、
    地名の古層に触れたような、
    田んぼの泥の底がこそばゆい、
    記憶の崩ゆみ

    海ノ口の休耕田の雑木を刈り倒しつづけて、
    開かれた土地に立石を立ててみたら、
    その姿の楽しさに興奮してしまう

    そして水辺に立つうっとりするような石の形
    木を切り土地を開くこと、
    その木の立っていた空隙に石を立てること
    渦の羽根



    春のあらしのような風、青みずが華やいで、
    湖面は盛りあがるように奔る、
    わたしがかいているのは、
    雪形の傷、き、だった

    流路をあるく、

    石の流路、
    タラの芽は、
    河の女神の崖地(まま)に立ち、
    春を噛んだ、くちびる

    タラの芽は、
    河の女神がほほえみかける仕草のようにして生えている、
    河の欠け、
    流路、風の抜け道、
    木洩れ日に座って

    渦の、臓物のあな、
    丘上に窪んだ、蛇の、
    ねむり葉、渦潮の空路、
    いのちのは か、
    音江 環状列石、北海道にて


    石の河に立って、
    河裸には、
    石が擦れて砂地になり、
    円錐の窪、
    ウスバカゲロウの幼虫-アリジゴクの穴が無数に空いている、
    アフンルパル、螺旋形の窪み

    雨あがり、晴れ間に覗いた空、雲に包まれて、
    湖を衣のように抱いている、山の緑が、
    目の心に吸い込まれる、水を映していた、
    そして暮れていく湖水地に赤が照らされた

    大雨の後、河の姿がかわる、水紋、
    水がエラをかく仕草の手、の跡

    流路をすなちの泥に描いていた、
    水煙土器というのがあるが、
    水紋土器、水の手の跡



    すなちのアリジゴクたちはどこかへと流れ去った







    スポンサーサイト

        2011-03-01 「翠の箕(ミー)精霊の樹(キー)」

    誰も踏み入ることのない沖縄の離島の御嶽の静寂の降りつもった時のかがやき

    苔の器の上に早春の風にのった花弁が落ちて
    星座のならびのようにうつくしい静けさを湛えていました。

    さをり織りの布を展示しているとそれはまるで精霊そのもののような美しい色彩で存在していました。
    さをり織りの布を生命の樹に見立て、
    「翠の箕(ミー)精霊の樹(キー)」というタイトルをつけたいと思います。







     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。