Nobuyuki Sugihara

砂場の山の隧道の指

  • experience (12)
  • news (60)
  • exhibition (31)
  • word (47)
  • essay (4)
  • film (4)
  • review (30)
  • journey (59)
  • photograph (6)
  • performance (10)
  • architecture (2)
  • book (2)
  • workshop (13)
  • review&journey (1)
  • memo (2)
  • livepaint (0)
  • 最近の記事

    最近のコメント

    最近のトラックバック

        -------- スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2010-11-27 会津・漆の芸術祭、ペグマタイト、子和清水、「一夜限りのHierog(ozo)lyphと蟲が見ていますようなCiné」

    会津・漆の芸術祭の片づけと漆の芸術祭を見る為に会津を訪れる。

    下見と搬入、パフォーマンス、搬出と
    今年4回目の会津行きなので、
    折角だからどこかへ寄って行こうと、
    調べて、

    郡山からいわき方面に二駅の三春という駅に
    ペグマタイトという白い巨石のある鹿島大神宮を見つけ、
    行ってみる。

    途中、舞木(もうぎ)というすばらしい名前の駅があり、
    なにかがおこりそうな場所

    三春に着くと、暗くて寒いが駅前で野宿

    三春という町は「漆の芸術祭」で漆物語を執筆していた玄侑宗久という作家が原作を書いた
    「アブラクサスの祭」という映画の舞台になった町で立派なイラストマップが置いてあった

    鹿島大神宮は映画の舞台の市内ではなく、
    反対側の山の方だったので
    とりあえず早朝、雨の中、鹿島大神宮へ向かう

    お地蔵さんや石碑の立つ
    田舎道を3キロほど歩いて神社に着く

    白い石英の巨石群がご神体

    この白石英が紅葉の中に散らばっているのは印象深い

    神社を出ると子和(コワ)清水1キロの看板
    長野にも強清水という美しい清水があるので
    その音と文字に惹かれて行ってみると
    甲森(カブツ)というおもしろい地名

    やはり長野の強清水と同じく山の端に
    水が湧きだしていて
    水のない落ち葉の沢道が斜面に続き
    途中で杭が立ち止められている

    この湧水の後ろの止め路に惹かれる

    しかしここで連れがメガネを失くしたと言いだして
    探してみるが、見つからない

    神社の手水に忘れたかと戻るが見つからず、
    ペグマタイトの岩山も探すが見つからず、

    来た道も探しながら戻るが見つからず、

    ちょっとだけ寄って、9時頃に開く喜多方の「漆の芸術祭」を見るはずだったのに
    大幅に遅れ、これ以上遅れるとシンポジウムにも間に合わないので、
    あきらめて、三春名物の厚くておいしい三角お揚入りそばを食べて
    会津に向かう

    会津に着くと「漆の芸術祭」の作品を見ながら、シンポジウムの行われている博物館を目指す

    鈴善漆器店の奥に置かれた松島さくら子さんのユーカリの葉を漆で固めた作品
    葉っぱに螺鈿をほどこした自然物の形態を生かした作品がおもしろい

    シンポジウムに1時間遅れで到着
    初めて博物館館長の赤坂さんに会う
    とてもものごしの柔らかな話し方に好感を持つ

    会津と漆について
    アートと工芸ではなく
    “もの”としての在り方を真剣に語る
    人と場に

    なにものかがここから生まれてくる
    揺籃の胎動の音楽のような予感を感じることができてうれしかった

    博物館を出ると、夕闇せまる景色の中
    真赤に染まった紅葉の落葉した風景に
    はっと息を呑むような瞬間の空気に呑まれ、

    景色が一時に舞い降りた瞬間の裸足の場所

    こんなにも美しい紅葉に出会ったことがないような
    こういう場所が作られたらいいな

    それから急いで
    二丸屋に向かい
    学芸員であり作家でもある金澤さんの作品を見る
    かなり想いと力の入った作品だったと思う

    いらはらみつみさんの糸と漆の造形はおもしろい

    うす暗い蔵の中や、もっと場所性のつよいところにあったら
    よりおもしろくなりそう

    渋川問屋、七日町駅、セイロンティーガーデンなど見て
    カツ丼食べて野宿
    これで漆の芸術祭も最終日を迎え
    明日は片づけだが、

    シンポジウムで山下裕二さんがしきりにほめていた
    喜多方の大和川酒造の蔵の空間が見てみたくて

    嘉永蔵の片づけ前に喜多方へ向かう
    たくさんの学生とともに喜多方に降り立ち
    寒い朝の空気のなか大和川酒造を目指す

    途中、朝ラーメンを朝7時からやっている坂内というラーメン屋に寄って、
    すごくうまい朝ラーメンを食べて身体を温めてから

    以前喜多方に来たとき回り切れなかった大和川酒造周辺の
    神社を回り、大和川酒造に9時前に着き、

    伊藤公象さんの作品を見る

    紙に石膏で皺を作ったようなものと
    その紙に赤漆を施したもの

    紙と石膏の白だけではどこかもの足りないものを
    漆の赤がいのちの色をほどこして

    漆の存在の可能性をひとひら剥ぎとって
    あらたな漆の光と色の場をつくっているようだった

    これはアーティストのかたちのいのちと
    職人のいろのいのちの重なった

    すばらしい作品だったと思う

    筒状の紙の間の白など
    多少気になる個所もあったが
    これは博物と美術という境界を越えて新たなものを
    生み出して行こうとする福島県立博物館の学芸員さんや館長さんの
    ビジョンをつなげていく力によって呼び出されてきたものの可能性なのだろう

    大和川酒造の作品を見て
    お洒落な酒瓶の手すりの空間や年輪の薄い形態の作品

    ちょっと試飲して
    急いで会津に戻る

    漆の芸術祭の全ては回れなかったが、
    その意味するところはある程度見ることができたところで

    嘉永蔵の片づけ
    カキコ隊の方に手伝ってもらいながら
    片づける

    末廣酒造のすばらしい酒蔵に働く人と
    酒蔵の空間に感謝しながら、

    末廣のお酒は試飲して、やはり大吟醸と古い製法のお酒がうまかったが、

    学芸員さん達と飲み屋で飲んだ末廣のお酒も、本当にうまかった
    美味しいお酒の生まれる場所に捧げられたことに感謝

    もっと深く開かれて
    場となっていけますように

    たくさんの荷物をカートで引っ張って
    再び無くなったメガネを探しに
    郡山へ

    後ろ髪引かれる寂しさで
    会津を離れる

    もっとゆっくり会津という場所で過ごしたかったが
    尾瀬沼を越えて桧枝岐に入るルートもすでに雪で閉ざされていたし、
    会津坂下の別れの一本杉も行けなかったので
    再びの機会に会津の地をを訪れたい

    そして
    また三春駅前で野宿だが、
    異常に寒い

    朝起きると、朝霜が氷結している
    鹿島大神宮、子和清水への道を再びメガネを探して歩く

    朝霜が道端のねこじゃらしを真っ白に染め上げ
    白裸に澄んだ風景の光につつまれている

    朝霜にみみずが氷って線をつくっている

    なんで会津に来たのに、二度も三春の道を歩いているのだと
    腹立たしい気持ちもあったが、この景色と出会えたことはすばらしい

    しかしメガネは子和清水の斜面の葉っぱをかき分けて探してみても見つからなかった

    それから帰京
    金子遊さんの映画「ベオグラード1999」の公開プレイベントで
    吉増剛造さんの新作シネ上映に駆けつける

    「一夜限りのHierog(ozo)lyphと蟲が見ていますようなCiné」

    金子遊さんの右翼のドキュメンタリーと右翼の活動家になって亡くなってしまった元恋人に捧げられる個人映画に
    捧げる詩人の弔いと祝いの暗い熱が解き放たれていく非常にパフォーマンスの要素の強い映像と
    同時に繰り広げられるパフォーマンスに近い
    映像を読んでいるような語り

    切り開かれた巨大な窪
    五線譜に描かれた蟻の巣のアウトサイダーアートのような風景の
    掘削工事現場の底にはシャベルカーの通ったエジプトの蛇のような跡

    会津の赤漆の糸玉とブラジル原住民の少女が赤子を生まれてこなかったことにして
    天に返すために蟻塚を壊して、その中に胎児を入れて燃やすTVの映像と
    少女の眼とテレビ画面に映り込むOHPフィルムで風を送る詩人の姿が
    衝撃的な魔境の風景のようなビジョンをつくりだす

    金時鐘シネの始まりの
    萩原朔太郎のOHPフィルムの撓む光の柔らかな湧水のようなビジョンの美しさ
    新鮮なフルーツの一噛みに弾けた雫の瞬間の芳香のような画

    画家がビジョンを担えない代わりに
    映像によって詩人が新たなビジョンを表象しているように

    すばらしい会でした

    これに依って(酔って)
    次の日の関口涼子さんと吉増さんの飲み会
    会費の高いので断念しようと思ってたのに
    行ってしまいました。

    そんなことはどうでもよいような
    いのちがけの詩の推進









    スポンサーサイト

     | HOME | 

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。